2009年11月アーカイブ

硬式テニス部です!

11月3日、芝生での初練習をしました。

3ヶ月間、他校のコートにおじゃましたり、地域の貸コートをレンタルしたりの練習でした。でも、この3ヶ月間で学んだことがたくさんありました。それまで当たり前の様に使っていたコートのありがたみやレンタルコートでの練習では時間の大切さを学び、今までの環境に感謝することができました。

 これから冬を迎え寒さ厳しくなりますが、この3ヶ月で得たことを忘れず部員一同元気いっぱい練習に励みたいと思います!

 

IMG_3674 小野の字 

 

IMG_3747 中学だけ 
 
 IMG_3760 高校生のみ 

 

IMG_3816 スイング

 


IMG_4274 手を加え清水 

IMG_4270体育館 

清水先生の授業では、手を使って指導します。一人ひとりの生徒に手を使いフォームの修正やからだの使い方を分かりやすく説明しています。

バスケットボールのシュート練習では、肘(ひじ)の位置でボールの方向や高さが変わるので、教員が後方に回りプレーヤーの肘(ひじ)を高く上げて許容範囲を広げることにより、シュートラインの変化に気が付きます。

生徒達は、からだの使い方に関心を持ち始めて、一つひとつの運動を考えて行うようになりました。体育科・Nより


 
 


ブログ内の写真

 理科教育推進部では本年度よりホタル自生に関する研究を始めました。

東京区内の環境の変化によりほとんどみられなくなったホタル。

幻想的に光り輝くホタルを品川区で育てて見てみたいという思いから、本校理科教育の一貫として中学2年生を中心に今年4月から準備を始め、10月に本格的に活動を開始しました。

これから10年後にはどのような環境になっているかを考えさせながらホタルを題材に自然環境の大切さや、生物の生きる環境、生態を学ばせ、各自の研究テーマを決めて実習させ、今年度中に発表会に出て発表できる様に活動中です。

                  理科のK


今年の手芸部は、4年生6名・5年生3名の9名で活動しています。

1学期は、フェルト羊毛で作るスィーツを楽しく作りました。クッキーやフルーツタルトなど、とても美味しそうに出来上がりました。

2学期は、ぬいぐるみ・クロスステッチの刺しゅうなど、各自、自由作品の制作をしています。

10月の志ら祭では、手芸部の作品以外に、中学生の授業の作品の飾り付けと、今回のテーマ『時代』ということで、今も使える【足踏みミシン】と昔のアイロン【こて】を展示しました。

 

DSC_1783手芸 

DSC_1787みしん


インターアクトクラブでは、今年も【日本赤十字社  赤い羽根共同募金】をさせて頂きました。

平成21年10月3日(土)・4日(日)の両日、本校で実施されました。『志ら梅祭』で募金活動を行いました。在校生はもちろん、見学にいらっしゃった皆様にご協力頂き、募金額¥35,928となりました。

10月27日ゆうちょ銀行より振り込みをいたしましたことを、御報告させていただきます。

ありがとうございました。       

 

DSC_1647インアク
  

 


こんにちは!!生徒会委員会ですshine
ここ最近とても寒い日が続いていますね。
インフルエンザもまだまだはやっているので、体には十分気をつけてください。

さて、学校では、3学期にある合唱コンクールにむけて各クラス朝から放課後まで一生懸命練習しています。
教室からは美しい歌声が毎日きこえてきますnotes
生徒会では実行委員長を中心に役割分担し、本番にむけて着々と準備を進めています。
達成感や感動を味わえるすばらしい合唱コンクールにしましょう。


大学模擬授業の目的は、
興味を持った学部・学科で、どのような授業が行われているかを深く体験する。
その体験を通じて、自分の適性を考える。
志望の学部・学科を決める ことです。

大学模擬授業遠藤先生(成城大学)






 





平成21年11月21日 成城大学 社会イノベーション学部 遠藤健哉教授による大学模擬授業が、行われました。

最初に、イノベーション学部のイノベーションとは、新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造するだけでなく、社会に普及させるものであるとの説明があり、授業は始まりました。

事前課題は
①身近にある企業を1つ挙げてください。
②その企業のライバルと思われる企業を1つ挙げてください。
③両者の売上高、利益(営業利益)を調べてみてください。
④両者が提供している製品やサービス、ならびにその活動に見られる特徴をいくつか考えて比較してみてください。
でした。生徒は、「ユニクロ」と「シマムラ」をあげたり、「ドコモ」と「au」などを調べてきていました。

 事前課題をふまえ、また「マクドナルド」と「モスバーガー」の企業戦略の違いを具体的に挙げながら、「どのようにして企業間の競争に勝利するか」というテーマで、講義は、行われました。
 企業間の競争に勝利するためには、状況分析と自己分析を行うことによって、先を読み、しっかりとした独自企業戦略(どのような活動を大なうかの設計図のようなもの)を持つことで、長期的に好業績を上げることができるということを、「マクドナルド」や「モスバーガー」という身近な話題から、学びました。

 最後に花束贈呈をした生徒が、花束に添えたのは「イノベーションに興味を持ちました」という一言でした。


こんにちは。設営委員です。最近取り組んだ大きな活動は、10月に行われた志ら梅祭(文化祭)です。
準備当日は雨が降ったりやんだりしていて、テントや看板などの設置を雨が止んでいるすきをみて取りかかるなど、迅速な行動が求められました。しかし、今までの経験があったことと、後輩たちの仕事の取り組みにむだがなく、スムーズに設置することができました。

私は、この設営委員会の長を務めることによって、人に気持ちよく動いてもらうためには仕事内容の説明や順番、人の配置・仕事分担などが必要だとわかりました。最初は先生に「何を言っているのかわからない」とよく注意をされましたが経験を重ねることによって、要領をつかむことができました。また、設置後は必ず「お疲れ様でした。みんなのおかげで・・・。」とねぎらいの言葉をかけるようにと先生に教わりました。そのおかげで、ぎくしゃくした関係もなくなりやりがいをも感じてきました。

私は6年生なので委員会の仕事はあと数回になりました。残した仕事は後輩たちへの引き継ぎです。行事をするにあたり、私たちは誰に評価されるわけでもなく裏方でがんばってきました。しかし、行事では欠かせない存在だと思っています。今年委員会を引き受けてくれた委員に来年度も私たちの気持ちを引き継いで設営委員会に立候補してほしいと思っています。


 〜リズムにのって動詞の過去形!私も楽しいから生徒も楽しい〜

IMG_4198柳原先生顔写真 


 

IMG_42057柳原先生教室 

『楽しくて、気付いたら英語が好きになっている』そんな授業をしたいと柳原先生は言います。

音楽を流して音読するアクション・タイムは、アクセントをリズムで覚え動作を加えることでより記憶に残ります。柳原先生の元気な声とパワーが生徒の笑顔とやる気を引き出し、いつの間にか先生のペースに引き込まれています。 体育科・Sより
 


『いろいろな方向から物事を見る』

『迷ったらやる。すると次の道が開ける』

小野学園では、生徒たちが、

①幅広い視野を持ち、ワークライフバランスを考えた将来の設計ができる

②直接または間接体験をすることにより、視野を広げ自分のやりたいことがわかる

ようになるために、年間で6回、ロールモデル講演会を実施しています。

そして、卒業までに24人のロールモデルの女性たちと出会います。

ロールモデル講演1114
 

11月14日(土)には、「合同会社 キャリア&マネー」代表の高村祐規子さんがいらっしゃいました。

高林さんは、大学入学によって、大きな転機を迎えたそうです。

大学時代は、高校時代とは異なり、毎日違うメンバーで構成されるさまざまな授業に参加するということにウキウキし、日々楽しくて仕方がなかったそうです。

そんな大学生活をとおして、夢や希望を膨らませたそうです。

ですから、「大学に入るための勉強はつらく大変だけれど、その先に楽しいことがあるから、ぜひ大学に行ってほしい」と生徒たちに熱く語られていました。

大学卒業後は、化粧品会社の「ノエビア」に就職し、営業職に就いたそうです。

当時は「何でこんなことをするのか!」と思っていたそうですが、その時の経験は、20年経った今に生きているのだそうです。

これをとおして、

『そのとき大変だと思っていたことは、何年か後に役に立つ』

としみじみ感じたそうです。

そして、生徒たちにも、ぜひ「今やっている意味のなさそうなこと、大変なことが、必ず将来役に立つと思ってやって欲しい」とおっしゃっていました。

しかし、そんな貴重な体験をした会社を、過労により1年で退職。

その後、渡米し、異国の地、異国の文化に触れてこんなことを学んだそうです。

『失敗しても方向を変えると成功する』

その後、帰国し、

『迷ったら、やってみる』と思い、リクルートに就職したとのこと。

リクルートでは、「失敗しても怒られず、もう一回やってみなさい」と上司から言われたそうです。

そんな環境がさらに高林さんを成長させ、その後、ベンチャー企業を支援する機構のシステムを活用し、2004年に現在の会社を立ち上げたそうです。

このような高林さんは、現在、

『人と人のつながり』を大切にし、読書会を行っているそうです。

愛読書は、コリン・ローズの脳科学に関する本で、その本を片手に、再び、生徒たちに熱く語られていました。

講演の最後には、

『いろいろな方向から物事を見る』

『迷ったらやる。すると次の道が開ける』

というメッセージを生徒たちに伝えて、会を終えられました。


IMG_4086図書室 

IMG_4075-ポスター 

国語科では、新書を読んで紹介カードを書き、そのカードをみながら、読みたい本を見つけて読む という授業を行っています。図書館にある新書約6000冊の中から、いきなり、読みたい本を見つけることは難しいですが、友人が紹介してくれたカードの中からなら、選びやすいです。授業が終わるときには全員が、自分の読みたい新書を見つけて借りていきます。


 
 


1月に三大行事の3つめ、合唱コンクールが実施されます。
文化祭が終わって、さっそく合唱コンクールの実行委員会が立ち上がりました。
そして、実行委員会では全体のスローガンとクラスのスローガンを決めました。
今年度の、全体スローガンは…

〜Sing a song 声の限りに!〜

です。
練習スケジュールも決まり、各クラスとも練習をスタートさせました。
これから、朝、昼休み、放課後を使い、各クラス練習にがんばってもらいたいと思います。
そのために、実行委員はクラスの中心となり、盛り上げていきたいと思います。


こんにちはー!!(^o^)

元気いっぱい、2A広報委員です☆

私たちは今回、生徒に大人気!!売店の購買パンについて紹介したいと思います(^^)v

毎週木曜日の3時間目。

そろそろお腹が鳴り出す時間、追い討ちをかけるようにパンの焼けるいいにおいが…

そう!!それは、カフェテリアで木曜日にだけ販売している焼きたてパンです。

パンは毎日販売されているのですが、焼きたてのパンが味わえるのは木曜日だけなんです!!(^ω^*)

焼きたてパンは普通のパンより出来立てホヤホヤで温かいし、ふわふわのサクサクなのでとーってもおいしいです!!
Photo2

しかし、一度にたくさんのパンは焼けないのと、焼くのに時間がかかるため、売店に並ぶパンの数はいつもより少なめです。
 
…と、いうことは…?

焼きたてパン争奪戦、勃発!!(゜∀゜)

4時間目が終わり、お昼の準備をして「さあ買いに行こう」と思った頃には、パンはもうほとんど残っていません。

え?「みんないつ買ってるの?」ですって?

焼きたてパン争奪戦の必勝法はですね…

3時間目が終わったと同時にカフェテリアへ向かえばいいんです!!(^o^)

その時間は、焼きたてパンの中でも一番人気のピザがまだ残っています。
Photo3

まだ体験したことがない方は是非一度、一番人気のピザを味わってみて下さい!!(`・3・´)


Photo

ハローウィンの夜は死者の霊がこの世をさまようんですよ。なので魔よけとしてカボチャを玄関に飾るんです。

Photo_2

魔よけのジャック・オー・ランタン

Photo_3

英語の授業では、自分の知識をフル活用。自分も学生時代そうでしたが、雑学が意外とインパクトがあり、頭に残っているものです。少しでも英語を好きになってもらえたらという思いで、常に授業に関連した内容の英語の雑学を紹介するよう努めています。先日も中学1年生の英語の授業でハローウィンの日に由来を説明したところ、ばっちり生活ノートに印象を書いていたそうです。

英語科 Yより


Photo_2

Photo_3

体育の授業では、生徒達が「できた感」と「楽しかった感」を体験する工夫を心がけています。できている生徒は見本となってもらう、できなかった生徒ができるようになったら誉めてあげる。一人一人の上達の過程を見据え、認めるべき時を見逃さずに認め、一人一人が向上心を持てるような声掛けをしていくことにより、生徒達は次の授業が待ち遠しくなります。

英語科 Hより


私たち演劇部は、文化祭も終わり高3の先輩も引退し、現在中学生4人で楽しく活動しています。

今の私たちの活動内容は、「発声」と早口言葉の「基礎練」です。

早口言葉は滑舌をよくするため、発声は舞台の時に大きい声を出せるため、練習しています。

ここで、早口言葉の例を一つ紹介します。

「お綾や母親にお謝り」「おあややははおやにおあやまり」

皆さん言えましたか?

言えたアナタはきっと滑舌が良いですよ。

この部活は少人数ですが、卒業した先輩方が来てくれるので、とても楽しいです。

演劇に興味がある方はもちろん、演技に興味や自信が無い方も、裏方や衣装、脚本作りという分野もあるので、ぜひ×2お入りください。

部員一同、心よりお待ちしております。

演劇部一同


ウェブページ

月別 アーカイブ