2010年12月アーカイブ

7月に生まれた幼虫は、現在4つの白いバットの中で生活しています。

左2つはヘイケボタル、右2つはゲンジボタルです。

DSC00169


もっと大きくなってもいいはず



7月生まれの幼虫は、すくすくと成長しているはずですが・・・

残念なことに、成長が著しく遅いのです。

1cm以上のホタルもいるのですが、その数も少ないのが現状です。

ここ1ヶ月は、毎日ホタルに「大きくなぁ〜れ、大きくなぁ〜れ」と話しかけながらエサのカワニナを食べやすいサイズに切って与えています。

まだまだ望みは捨てずに、ホタルの成長を願いながら飼育していきたいと思います。



DSC_4665課題 1年生の社会科(地理的分野)の「国内の交通の結びつき」という単元では、CO2削減のためにトラックなどから船や鉄道などの輸送手段に切り替えるモーダルシフトについても学びます。環境問題は、自分の立場に置き換える機会がないと、真剣に考えることはあまりありません。そこで授業では、運送業者の社長になりきって、トラック・鉄道・船・飛行機の交通手段を組み合わせて、「できるだけ、CO2排出量と輸送コストの双方をおさえる手段を考えて、東京から富山にバナナを運び、帰りにバットを持ち帰る」というミッションに取り組みました。またCO2削減と利益を両立させる難しさがわかり、現実にはモDSC_4670プリント生徒名隠し(karui) ーダルシフトがあまり広まっていない原因も理解できました。


実はコミュニケーションが生まれる"素敵な場所"です。

Watarirouka  南校舎と中央校舎を繋ぐ、ドアとドアで仕切られた渡り廊下は開放的な構造になっていて、雨の日風の日はちょっと寒い思いもします。でも思いやりの心を感じることができる素敵な場所です。どの生徒もさっとドアを引いて「先生どうぞ」と譲ってくれたり、後ろに気配を感じたのかドアがすぐに閉まらないように配慮をしたりします。4月にはそんな先輩を見て、新入生もすぐに真似をしていたのが印象的でした。一見不便な場所も思いやりの心やコミュニケーションが生まれる"温かい"場所になります。


二学期は、私たち書道クラブにとっては、最大のイベント、文化祭に向けて、作品つくりに力を注ぎました。

無題 

無題② 

無題③ 
今年度は、高3が多く、にぎやかでした。クラブの時間は、ワイワイ楽しく作品をつくりました。 

もういよいよ3ヶ月で卒業です。あっという間に1年が過ぎ、本当に早かったなーというのが、実感です。後輩にも、素敵な作品を作っていって欲しいと思います。

では、来年も皆様にとって良い年でありますように・・・。


私が、ホッケーという競技を知ったのは、中学3年生の時でした。2008年の夏に行なわれた北京オリンピックで、普段中継されたことのないホッケーが放送されていました。

見たことのないスポーツで、ルールもわからないのですが、とても面白そうに見えました。

私がホッケーを知る中で、一番驚き・嬉しかったのは、私と同じ身長の選手が日本代表としてフィールドを走っていたことです。

157cmと決して大きくない体で、外国人選手をかわす姿は、私の目にとてもかっこよく写りました。

そうして私はそんな日本代表の選手に憧れて、2009年の春に小野学園に入学して、ホッケーを始めました。

今は、学校のグラウンドで毎日一生懸命練習しています。さらに、大学で活躍できる選手になるために頑張っています。

主将・Y


私たちお菓子クラブは顧問の小西先生御指導のもと週に、一回水曜日に活動を行なってます。現在高校12名で楽しく部活を行なっています。高1〜高3縦割りで班を作り、先輩や後輩といろんな話しをしながら一緒にお菓子を作っています。

2学期は秋の味覚にあわせて、サツマイモを使った大学いも・スイートポテトまたはパウンドケーキ、キャラメルドーナッツを作りました。

3学期は高3の先輩の送別会の準備をしていきます。


合唱(軽い) 小野学園(中・高)にはピアノが5台。第1音楽室に2台・第2音楽室、階段教室、体育館にそれぞれ1台ずつあります。合唱コンクールに向けて、ソプラノ・メゾ・アルトの各パートがピアノを使ってしっかりと練習をしています。3学期になると、学校中にから生徒の歌声が響き渡りますが、今年はこのピアノからどんな美しいハーモニーが生まれるか楽しみです♪


ウェブページ

月別 アーカイブ