2012年7月アーカイブ

今日7月31日から3日間、山中湖セミナーハウスにてイングリッシュサマーキャンプが行われます。23人の参加者とネイティブ講師達が英語漬けのキャンプを楽しみます。写真は到着してすぐのガイダンスです。まだ少し緊張気味ですが、これからの盛り上がりに期待します。

P2012_0731_135935.JPG


   今日で学校生活2週目に入りました。週末の疲れが溜まって体調不調の生徒がいたら・・・と心配していましたが全員元気に登校、午前中のアクティビティーも元気に楽しくすることができました。

 アクティビティーは①Beach Football ②All Fired Up の2つのグループに分かれました。①は生徒たちは海辺でフットボールの試合をしたり海水浴をしたりとスポーツを楽しんでいました。②は「All Fired Up」というお店へ行き、陶芸教室をエンジョイしていました。各自プレートに思い思いのペイントをしました。専用のオーブンで焼き金曜日には仕上がる予定です。日本のお土産の記念になりましたね!

午後は久しぶりのレッスンでした。クラス分けのテストを実施、さらに上のクラスへステップアップできた生徒も
たくさんいて、とても喜んでいました。しおりの日誌によると、「英語を聞く力がかなりアップした気がします。この調子で頑張ります!」「自宅でCDを聞いていたら、今までわからなかった単語がなんと聞き取れるように!ちょっと嬉しかったです!」などのコメントが。これからも英語のシャワーをたくさん浴びて、ぜひ英語力をアップしていって欲しいと願っております。

明日は待ちに待ったオリンピック観戦です。再びロンドンへ行ってきます!

 

003

001


 今日も再びロンドン市内観光へ行ってきました。今回はKing's School のExcursion(遠足)のため他国籍の方々も一緒でした。もちろん、ツアーガイドも英語です!

 朝7:45分に学校に集合。・・・が私たち日本人生徒しかいませんでした。8時出発の時刻になるとようやく集ま
り始めました。ようやく8時半に出発。生徒たちは日本人がいかに時間厳守の国か改めて感じたようです。お国柄の違いですね・・・。バス内では昨日の疲れもあったようで生徒たちは爆睡していました。

約2時間後、昨日見た、ロンドンの象徴ビックベンが見えてきました!バスから降りて、集合場所まで歩いているとちょうど11時の鐘の音が!!ピーターパンの映画で聞いたあの音が、ロンドン中に響き渡りみな立ち止まって、聞き入っていました。こちらも一生忘れない思い出となったことでしょう。

昨日乗車した、ロンドン・アイ(2000年のミレニアム・プロジェクトで誕生し、テムズ川のほとりにある世界最大の観覧車)の反対側に3時に集合するように言われその後は解散。

自由行動では、まずは、英国王室の戴冠式などが行われるイギリス国教会の教会、世界遺産のウエストミンスター寺院の前で写真を撮りました。ゴシック建築の壮麗な建物でした。つい最近ではウィリアム王子とケート妃の結婚式が行われました。

途中、バッキンガム宮殿の前を通りました。いつもでしたら、衛兵交代の儀式が見られるそうすですが、オリンピックのロードレースがあるため見られないとのこと・・・生徒たちはとても残念がっていました。・・・がなんと帰り道、偶然、衛兵交代の儀式が行われていました!ラッキーな偶然に生徒たちはとても喜んでいました。

しばらく歩くと様々なイベントで賑わう巨大な広場、トラファルガー・スクエアーでは高くそびえるネルソン記念碑がそびえ立っていました。生徒たちはライオン像の前で記念写真。日本の三越にもあるよね。言っていましたが・・・。こちらの方がはるか昔からあるのですよ・・・(笑)

ナショナル・ギャラリーの前の広場でランチタイム。実は、ここに到着するまでに何回か雨が。イギリスの天気は恋心と同じくらい不安定?!とよく言われていますが本当に雨が降ったり、やんだり・・・。忙しいお天気でした。でも、ちょうどランチ・タイムではお天気に!ロンドンの鳩たちとと一緒に各自、ホストマザーからいただいた ランチ・パック(お弁当)を楽しみました!

ランチの後は、トラファルガー・スクエアー広場から徒歩10分ほど歩いて、COVENT GARDENへ行きました。ミュージカル映画「My Fair Lady」 で有名な場所ですがその日も大道芸人や観光客や買い物客でぎわっていました。生徒たちは思い思いにショッピングを楽しんでいました。ちょうど、日本の朝のテレビ番組「ZIP」も撮影に来ていて、レポーターの方と握手をしたり、色々と盛り上がっていました。

本日確認した「しおりの日誌」でも、「本当に幸せな1日でした!」「ハッピーすぎて、日本に帰りたくないです!」などのコメントが・・・。生徒たちはロンドンっ子に混じって、オリンピック期間のにぎやかなロンドン街を散策することができ、本当に充実した1日を送りました。

 

 

001

002

006
009

010

012


   観覧車の後は、次はいよいよハリーポッターツアーです。地下鉄を何回も乗り換え、ハリーポッターが魔法学校、ホグワーツに出かける駅、キングス・クロス駅(9と3/4番線)に行って来ました。すでに写真を撮っている観光客が結構いました。生徒たちもまるでハリー・ポッターになったような気分で写真を撮っていました。
 
  午後は再び、ピカデリーサーカス駅へ地下鉄で移動。Adam's Ribというお店で、イギリスの伝統的な食事「Fish & Chip」をいただきました。かなりの量でしたが生徒たちは、お腹が空いていたようでパクパクいただいていました。

  昼食後はいよいよNovotel London West にある「ハリーポッターミュージーアム」へバスで約1時間かけて行きました。「ハリー・ポッター博物館」は、ロンドンから北西に約30キロに位置する「リーブスデン・スタジオ」の中に建設され,実際の撮影で使用されたダイナゴン横丁の路地やハグリットの小屋などの街並みセット、魔法のほうきやお馴染みの学園衣装などの小道具――といったハリー・ポッター世界を代表する展示物が公開されていました。生徒たちはレンタルした日本語オーディオガイドを熱心に聴きながら改めてハリーポッターの世界を堪能していました。違った視点で改めて帰国後ハリー・ポッターのストーリーを見てみたい。と生徒たちは言っていました。約2時間近く説明ガイドを聞いたあと、いよいよお土産タイム。生徒たちは各自お気に入りの品物を選んでいました。特に、「魔法の杖」が人気があり最後の集合写真では「リクタスセンプラ〜」(ハイ。笑って〜)と購入した魔法の杖を持って、呪文を唱えていました。

長〜い一日でしたが生徒たちは充実した1日を過ごしてましたボーンマスの学校に到着したのが9時30過ぎでしたが、予約していたタクシーがすでに学校に待っていてくれました。無事に生徒たちは帰宅しました。

044

 

045

046

056

055
062

079

ダイナゴン横丁の路地(ふくろうのお店)

084
ダイナゴン横丁の路地(魔法の杖のお店)

086
「リクタスセンプラ〜」(ハイ。笑って〜)


034

今日は待ちに待った週末「小野学園プログラム〜ロンドン観光」に行ってきました。


前日はロンドンオリンピック開会式のためどの家庭でも遅くまで起きていたため(まるでイギリス中が日本の紅白歌合戦を見ている大晦日状態?!)、朝きちんと始発バスに乗って集合場所・時間に来れるか?!・・・非常に心配しましたが、無事にみな集まりました。さすがに、日本での5分前行動がしっかり身についてるな・・・と関心しました。

朝7:30分予定通りにボーンマスの学校を出発。バス内では生徒たちは、ホットしたようで爆睡していました・・・。(前日指示したとおり、きちんと朝バスは始発乗車→お弁当は無し→帰りは9時過ぎ→帰宅後はライトミールを。という内容を英語でホストマザーに伝えられました。前日ブルーモードで帰宅した生徒たち。きちんと伝えられて良かったです。ステップアップですね!)

予定通り10時にロンドンのHammersmith駅の近くのホテルでJTBのガイドさんとミート。その後、すぐに地下鉄でWestminister駅へ行きました。初めて乗るロンドンの地下鉄に生徒たちは緊張した様子でした。ウエストミンスター寺院を通り、国会議事堂やビック・ベンを通ると英語教科書に出ていた、ロンドン・アイが・・・。生徒たち少し興奮気味。思っていた以上に空いていて、すぐに乗車。30分ほどかけて一周しました。一番上空から見るロンドンのテムズ川沿いの景色に生徒たちは感嘆の声をあげ、たくさんの写真を撮っていました。上空からはちょうどビーチバレーのオリンピック試合1日目が開催中で、普通ならば見ることのできない風景も見ることができました。まるで上空を飛んでいるピーターパンのような気分が味わえ、生徒たちも一生の思い出となったことでしょう。

 

040

 

041

 

039
(上空から・・・ビーチバレーオリンピック試合1日目)

 

042
(上空からのロンドン風景)


 私たちパソコン部は今年もエクセルを使ったカレンダー作りを行いました。

また、志ら梅祭では展示の他にタイピング体験会などを企画しています。今年は部員も増えたので、去年に比べて来客して下さった方々への気配りを意識して取り組んでいきたいと思います。

 6年生の部長が夏休み中に留学することに伴って、一学期中に部長交代となり、4年生が引っ張っていく新体制となりました。新生パソコン部の今後の活躍にご期待下さい!


 今日で学校生活5日目。登下校もすっかり慣れました。いつもの小野学園の登校風景と変わらない様子で、
ペチャクチャ話しながら楽しそうです。通りすがりの方々に必ず「Hi〜」と笑顔で手を振りながら挨拶をしているところが、日本とはちょっと違う風景ですが・・・。ボーンマスの方々はとてもアットホームで、全然見知らぬ方々からも「Where are you from?]と聞かれています。生徒たちも最初は戸惑っていましたが、今ではすっかり地元に溶け込み笑顔で挨拶しています。

朝9時の授業まで、少し時間があるため生徒たちは朝,学校のバスケットコートでバスケットをしたり卓球をするほど余裕が出て来ました。まあ、とにかく皆さん朝から元気いっぱいです。

今日の午前中の授業は、担当の先生に頼んで一緒に聞かせてもらえました。「Your students are really very  nice!(あなたの生徒たちはとてもいいわよ〜)」というお言葉をいただき生徒たちもちょっと嬉しそうでした。真剣に授業を受けて、先生に質問をしている姿を間近で見ることができて良かったです。

いつもどおりのHot Lunch をいただいた後、午後いつものアクティビティがありました。
①BOURNEMOUTH Shopping ②Splashdown の二つのグループに分かれてそれぞれ参加しました。

①のボーンマスショッピングはボーンマス市内の名所を観光しながらショッピングをする内容で生徒たちはかなり楽しんだようです。思い出の品物やお土産をゲットして満面の笑顔でした。私がもう一つのほうの引率から帰宅すると、みな嬉しそうに、購入した品物を次々と見せてくれました。

②のスプラッシュダウンはバスで約20分行ったところにある、Waterparks(水の公園)に後楽園遊園地の約3倍ほどのスライダーがありました。日本では味わえないぐらいの長さとスピードと恐怖溢れるスライダーで生徒たちは思いっきり夏のひとときを楽しんでいました。

また、往復のバスはあのイギリスの2階建てのデッキバスでした。移動の時に、生徒たちはボーンマス市内を爽やかな風に吹かれながら幸せそうに眺めていました。このような経験をさせてくださった保護者に感謝ですね・・・

今日はこちらイギリスでは夜9:00からオリンピック開会式です。ボーンマス市内でもお祝いの花火が打ちあがります。イギリス中が一つになって盛り上がりそうです。生徒たちも今日はホームステイ先のテレビで開会式を見るそうです。日本だけでなくホームステイ先のスチューデントフレンドや学校で知り合った様々な国々を応援するそうです!我が生徒たちも国際人になりました!!明日はいよいよロンドンに行って来ます。開会式後の華やかな雰囲気のロンドン市内を観光してきます!

 

DSCN0237

DSCN0235
DSCN0238
DSCN0239

DSCN0243
DSCN0244





 今日で授業4日目。かなり生徒たちは慣れてきたようです。授業を一緒に見学できないのが残念ですが、生徒の生活ノート(しおりの日誌)を見ていると「他の国の人に質問する授業で、イスタンブールやサウジアラビアの生徒が話しかけてくれて、とても嬉しかった。いろんな国の文化がわかって良かった」「最初の時間より断然話している内容がわかるようになって、とても嬉しかった。」「生徒が質問したり、逆に先生に質問したりと、日本では絶対に経験できないようなレッスンスタイルなので、とても新鮮だった。」」などのコメントが・・・confident心配していましたが、生徒たちはきちんとできているようで安心しました。

午後は①POOLE & MUSEUM ②STREET DANCE & MODERN DANCE のアクティビティがありました。

②はダンスの先生が来校。本格的なダンスのレッスンを受けることができました。イギリスで学んだダンスをぜひ皆さんにお見せしたいです。
①は半日遠足として、隣町のPOOLEというところへ専用バスで移動しました。学校でいただいたランチパックのお弁当をバス内でいただきながら約40分移動。この港町はなんと世界で第2位の規模だそうです。(ちなみに第1位はシドニーです。) 波止場付近にはたくさんのレストランやパブもあり、第二次世界大戦中は大切な軍港だったようです。ちなみに、かの有名なタイタニック号出発の地「サウサンプトン港」が隣町にありますが映画に出てくるあのような感じの雰囲気の町並みです。カモメがたくさんとんでおり、目を閉じるとカモメの鳴き声とさわやかな風で生徒もひさしぶりにのんびり、笑顔で散策していました。

*ハンドメイド食器で有名なPoole Potteryやハンドメイド・コスメで日本でも知られているLUSH(石鹸やシャンプーのお店)はこの町が発祥の地らしいですshine

 

004

005

006

003

 

 

 

 

 


DSCN0178

DSCN0188

DSCN0192
DSCN0195
DSCN0200

DSCN0175

今日で3日目。生徒たちもかなりイギリスの生活に慣れてきたようでした。朝の集合場所では楽しそうな各ホームステイ先での出来事や困ったことなどお互い情報交換をしていました。すでに、「このまま日本に帰らずここに一生暮らしていたいかも?!。」「私イギリス人に生まれたかったかも・・・。」なんて言っている余裕の生徒たちもちらほら。

午前中はアクティビティーで。生徒たちは①RUSSELL COTES(地元ボーンマスのミュージアム見学コース)②OLYMPIC MORNING(オリンピック種目のゲーム)の2つのコースをチョイスしました。

②のオリンピック種目のゲームのコースを選んだ運動部の生徒たちは、久しぶりに運動を本格的にできたようでとても清々しい表情で戻ってきました。昼食後の空き時間にも引き続き、他国籍の男の子たちとバスケットコートで楽しそうにバスケットをしていました。世界共通のバスケットボールが「ことばの壁」を取り除いてくれました。言葉が通じなくてもルールが一緒。どの国の生徒たちもみな夢中になってバスケットを楽しんでいました。

①のミュージアム見学コースでは,ヴィクトリア時代に地元のホテル王ラッセル-コート家によって集められたコレクションを展示している「Russell-Cotes Art Gallery and Museum」を見に行きました。はじめて見るビクトリア朝の建物や家具など生徒たちからは感嘆の声が。イギリスの品物だけでなく、日本を始め世界中のコレクションが飾られてあり、改めて大英帝国時代の凄さを感じていたようです。見学の後は、約30分の自由時間があり生徒たちは海沿いを歩いたり、家族やお友達に送るボーンマスの葉書を買ったりしていました。
 
ランチの後はいよいよ、授業。昨日は他国籍のパワーフルさに衝撃を受けていましたが、今日は結構頑張って答えていたようです。日本人はやはりグラマーが強いです。・・・がやはり、その答えを声に出して説明する勇気や表現する力が弱いようです。「もっと話せるようにならなくてはいけない!と心から思いました。」「日本に帰って文法だけでなくもっともっとスピーキングの練習もしなくては・・・。と思った。」などのコメントが休み時間に聞こえてきました。そのことに気づいただけでも、成長ですね・・・。
さあ、これからです。ぜひ、他国籍に負けず積極的に頑張って欲しいものです。負けるな、日本人生徒たち!!


今日からいよいよ本格的に学校開始。午前中は、アクティビティを体験しました。①アート&クラフト②フットボールトーナメント③ホッケートーナメントの3つのアクティビティから各自好きなものを選びました。サッカーやホッケーを選んだ生徒たちは近くの公園で他国籍の男子生徒たちに混じってアクティブに積極的に参加、活躍していました。アートクラフトはチームになって1つの作品をクリエーティブに作り出すコンテストで、生徒たちは日本らしい花火のちぎり絵と折鶴を仕上げていました。折鶴はたまたま近くにいたイタリア人たちにとって興味深々。気づいたら「折り紙教室」が開かれていた。折り紙が「ことばの壁」を取り除いてくれました。
午後はいよいよクラス別の授業でした。他国籍の生徒たちに圧倒され、なかなか発言する機会が無かったそうです。明日はもう少し話せる機会が取れるよう頑張って欲しいと願っております。

 

049


057

055

065



 


今日は学校初日でした。昨日、不安そうな表情でお別れしたので、無事に学校に到着するかとても心配しましたが、とりあえず初日はホームステイの家族の方が、学校まで車で送ったりバス停まで案内してもらい無事に集合場所に全員到着しました。まだまだ、表情が硬い生徒たち。
慣れるまであと数日かかりそうだったが、頑張って欲しいと願っております。
何とか受付を済ませ、近くの教会へ徒歩で移動。午前中はその教会で校長先生のご挨拶や警察官よりイギリスの決まり(交通ルールや守らなくてはならない法津など)の画像付レクチャーやキングスカレッジでの決まりなどの説明があった。クイズ形式で、答えた生徒には飴がもらえた。・・・が我が生徒たちは積極的なイタリア人や
スペイン人の生徒たちに圧倒されひと言も声を出すことができませんでした。次回は少しずつでもいいので
声を出せたらと思っております。ブレイクタイムレモネードジュースとクッキーをいただあと、いよいよ、レベル分けのテストを静かな雰囲気の中で一生懸命受けていました。
今回はラッキーなことに日本人生徒は他におらず、我が学校の生徒だけでした。
アラブ・イラン・スペイン・トルコ・イタリア・・・などた〜くさんの国々から来た生徒たちに混じって圧倒されっぱなしの午前中でしたがぜひとも、午後は頑張って欲しいと願っておりました。頑張れ、我が日本人生徒たち!

 

DSCN0109

DSCN0121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0117


DSCN0128
DSCN0130

生徒たちは朝からとても表情が硬かった。・・・それには大きな理由があったからだ。今朝はホストファミリーが
車で学校で送ったり、バス停まで案内したりしたが、帰りは自力で帰らなくてはならないからだ・・・。ある生徒は
「バス停の場所わかりますかね・・・?」「バス内ではアナウンスが流れますかね・・・?」「バスから降りたら、家まで帰れますかね・・・?」などなど。5分おきにはその話題。かなり不安だったらしい。
昼食バイキングの後、みなで協力・助け合いながら、いただいたボーンマスの地図と自分の住所から位置を割り出し、丸を付け→学校の場所に丸を付け→ルートを確認。なんと結構お互い近くに住んでいることが発覚!M1バスが7人・4bバスが5人・徒歩が3人・私と同じ5bが1人。みな「良かった〜」「一緒に帰ろう!」などと抱き合いながら喜んでいました。
何かあったら「先生の携帯に電話して!」と伝えていて、私もドキドキして自宅で待っていましたがどなたからも電話が無かった。このようにして、生徒たちは最初のハードルを乗り越えられました。きっとこれからもどこの国に行っても「助け合いながら・地元の方々に聞きながら」目的地まで行けることでしょう。かなり「協力する力やコミュニケーション力」が付いたと思われます。まだまた、これからハプニングやや自分の力で解決しなくてはならないことがくることと思いますが、頑張って乗り越えて「生きる力」をみにつけていって欲しいと思っております。

*実は、かなりのホームステイのファミリーから学校側に「1人で帰って来れるか心配だわ〜」という電話が入りました。でも、しっかりと生徒いたちは「I'm OK.」と」スタッフに答えていました。


 午後はまずはボーンマス市内観光。教会などがある静かな雰囲気の場所から徒歩5分ほど進むと、
賑やかな町並みが見えてきた。初めてみるイギリスのショッピングセンターや大道芸人や子供用のミニ遊園地。
さらに徒歩で5分ほど行くと、そこには素晴らしい景色の海岸が、海水浴をしている人たちで賑わって
おり、生徒たちは釘付け。先ほどまで表情が硬かった生徒たちに笑顔が。「テンション上がります!」「なんだか
不安が吹き飛んだ!」などと嬉しそうな様子でした。アクティビティでビーチ体験もあるので生徒たちはぜひ参加したいと
言っていました。さらに10分ほど進むと、大きなパークにたどり着いた。アクティビティーとして綱引きやリレーゲームや
イギリスのベースボールなどを様々な国の仲間たちと、久しぶりに身体を動かしリフレッシュしていました。
4時半過ぎに学校に戻ってみると、先ほど行ったテストのクラス分けが発表されていた。みな、ドキドキしながら
自分のクラスをチェック。明日からこのクラスでぜひ頑張って英語力をアップしていってもらいたいと願っております。

DSCN0136 DSCN0137

DSCN0144 DSCN0150


1時間半後,待ちに待ったロンドンヒースロー空港に私たちは無事に到着しました。予定通りの16:45。日本時間から現地時間に時計をみなで変更。ふとみると日本は夜中の2時。時差ぼけにならないよう、日本時間のことを早く忘れることがポイントらしい。

オリンピック期間のため、世界一厳重体制の入国審査を終了。いつもより3倍以上のスタッフが緊張した表情で対応している。私たちもかなり緊張した。ふと周りを見ると、ちょうどポーランドのオリンピック選手団もいてインタビューを受けていた。日本のオリンピック選手団もほんの数時間前ここを通過したそうです。生徒たちにとってこのオリンピック期間に開催国にいることがきで、一生の想い出となることでしょう。


スーツケースを各自もらい、キングスカレッジ語学学校専用のバスで2時間。やっとの思いで、港町「ボーンマス」に到着。坂道の多い街で今までに日本では見たことが無い、英国の町並みに生徒たちから歓声の声があがった。親切なタクシードライバーが1軒1軒荷物を自宅まで運んでくださった。

お別れのとき、16人全員が不安そうな表情だった。私はひとこと「Good Luck!」とだけ言ってお別れした。ドアの音がパタンと閉められ DSCN0106
DSCN0104
たとき、頑張れ!と心の中でつぶやいた。


11時間かかってようやくドイツのフランクフルトへ到着。生徒たちはかなり疲れている様子だったが、フランクフルト航空内のショッピングモールを見たとたん再びテンションアップ。1時間近くの待ち時間があったため、自由時間に生徒たちはショッピングをエンジョイするはずだった。・・・が問題発生!!ユーロ紙幣の国なので、ポンドしか持っていない私たちは買い物ができないbearing試行錯誤の末、ある生徒が「Can I use this money?」とレジの店員さんに勇気を出して質問を。結果は・・・「Yes, you can!」と笑顔で。レジが自動還元計算をしてくれるらしい。ようやく、ドイツのお菓子や 葉書やお土産用のマグネットを購入することができて、生徒たちはホットしていました。さあ、これからたくさんのハプニングがやってきます。自分の力でどう解決するか!?
頑張って乗り越えていって欲しいと願っております。
DSCN0100
DSCN0099


5A図書委員の展示です。

2012.7.20

一学期に現代文の授業で、梶井基次郎の「檸檬」を勉強しました。


ドキドキの出国審査終了後、45番ゲートへ。遠い道のりでしたがなんとか到着。出発まで1時間半。ガイドブックを見たり、ホームステイ先で見せる予定の家族の写真などをお互い見せあって盛り上がっていました。搭乗直前に、みな笑顔で集合写真を!機内に乗り込むと、素敵なドイツ人のキャビンアテンダントに迎えられ、かなりテンションが上がっておりました。
あっという間に昼食になり、生徒たちは「Beef or Chicken?]と聞かれ、戸惑いながらも「Beef please・・・・」などときちんと答えていました。あと、9時間近くのフライト。ただいまロシアの上空におります。機内では夏休みの課題に取りくんでいたり、折鶴の練習をしていたり、音楽を 聞いていたりと有意義な時間を皆さん送っております。成田空港集合写真 007
成田空港集合写真 010
成田空港集合写真 014


成田空港集合写真 002
7月22日(日)朝7:45分成田空港に集合!いよいよ出発日を迎えました。
無事全員16名、時間内に集合。カウンターに荷物を預けた後は、しばし保護者とのお別れタイム。
全員で集合写真を撮った後は、保護者に元気よく「行ってきま〜す!」と挨拶をして出発しました。
遠くお子さんたちが見えなくなるまで、保護者の方々は手を振ってくださいました。
「かわいい子には旅をさせましょう」という諺がありますが、私たち、いろんな失敗を経験してひとまわりビックになって戻ってきます!!


いよいよ待ちに待った小野学園の語学研修が7月22日(日)よりスタートします!場所はイギリスの南西の港町「ボーンマス」です。この研修のために、生徒たちは「ホーム・ステイで役立つ英会話」のレッスンで会話の特訓をしたり、「ホームステイの心構え」の事前学習会に積極的に参加したりしました。さあ!ドキドキ・ワクワクの体験が始まります!生徒にとって一生の思い出となるといいですね!行って参りま〜す!

 

DSCN0041
DSCN0039


 7月13日併設幼稚園の「盆踊りの夕べ」にボランティアとして参加しました。目標は「相手の立場になって考える」「プラスワン思考で考える」です。3歳〜5歳くらいまでの小さな子どもが、楽しく、安全に遊べるゲームを企画します 。毎年「さかなつりゲーム」が盛況で順番待ちの列ができるほどです。子どもたちの目線に合わせ、優しく話しかけたり、手を引いてサポートしたり「すごい!上手だね〜」などと声をかけて場を盛り上げたりする姿があちこちで見られました。

HP用

H240713幼稚園ボランティア(盆踊) 012


 7月13日志ら梅祭(文化祭)のクラス企画のプレゼンテーションを実施しました。志ら梅祭は、1つの大きなテーマを掲げて行われ、各クラスではテーマに即した催し物を企画します。各団体とも企画書と予算書を提出し、通った企画だけが実行することができるので生徒達は必死になって発表準備をします。また、同じような企画の場合は投票の多い団体しか実行できず、負けた団体は企画を練り直さなくてはいけません。企画の曖昧な点はプレゼンテーションの場で質問され、その場で説明しなければなりません。食品販売をするのであれば、なぜその食品を選んだのか、仕入れはいつ・誰が・どこの業者を利用しするのか、価格販売はいくらに設定し、売り上げの見込みとその根拠、安全面や衛生面はどのように対処していくのかなどかなり詳細な計画が必要です。そのように企画をする課程で生徒達は、情報の集め方や周囲の人と協力しながら作業を進めることも学んでいきます。

H240713志ら梅祭プレゼン 094

H240713志ら梅祭プレゼン 055

    あいまいな点はプレゼン後指摘されます


今回の展示のテーマは「神話」と「第二次世界大戦」です。

5Bが担当しています。ぜひ、見に来てください。

2012.7.11②-1

2012.7.11②-2


 7月8日(日)攻玉社中学校に於いて「品川区中学校バスケットボール夏季大会」の決勝リーグが行われました。各ブロックで勝ち上がった上位4チームが東京都大会出場2枠をかけて競い合いました。本校は力及ばず、第4位という結果になりました。昨年3月に震災のため体育館改修に入り、満足のいく練習ができないまま最後の大会に臨むことになりました。しかし、近くの小学校が快く体育館を貸してくれたり、使用できない日はトレーニングをしたりして、乗り切ってきました。閉会式ではバスケットボールができることに感謝をするべきだという教育的な講評もありました。今年度は逆境がたくさんある年でしたが、選手達が力を合わせて乗り切った思い出深い年になりました。

1
 

2

3
   優秀選手賞はキャプテンが受賞しました


今回のテーマは

2011.7.11①-1

です。図書室のカウンターの横に展示しています。

ぜひ、見に来てください。

2011.7.11①-2


川場田園プラザで、川場村の地形や環境について学びました。後山にはブルーベリーの木が沢山植えてあり、食べ頃の実を探しながら楽しく登ることができました。

頂上からは森林、田畑、水田、川などの地形がよく見え、また大学の先生の説明を聞くことで、さらに理解が深まったようです。

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG

P2012_0708_134320.JPG


先程とは別の場所へ観察に行きました。 川のそばは大変涼しく、多種多様な昆虫や植物がありました。 カエルを捕まえたり、カワニナ、サワガニなど多くの生物が生息している様子を観察できました。 湧き水もおいしく頂きました〓

P2012_0708_102725.JPG

P2012_0708_102725.JPG

P2012_0708_102725.JPG

P2012_0708_102725.JPG

P2012_0708_102725.JPG

P2012_0708_102725.JPG


朝から曇りですが、昨日作業した田んぼの近くの湧き水を飲んだり、里山環境をスケッチしています。

P2012_0708_085541.JPG

P2012_0708_085541.JPG

P2012_0708_085541.JPG

P2012_0708_085541.JPG

P2012_0708_085541.JPG

P2012_0708_085541.JPG


 定期試験最終日の時間を有効に活用し、各学年で茶道、華道、コンピュータ、書道など特別講座を実施しています。目的は教養を身につけるためです。学園の茶道で重視しているのは、日本の美しさを学ぶということです。季節ごとの行事・季節の花・季節の食べ物など、私たち日本人は豊かで美しい自然の恵みに囲まれています。この美しい日本を、茶道をとおして感じてほしいと考えています。

DSCN0241修正済み

DSCN0252修正済み

DSCN0265修正済み


本年度も、里山環境校外学習として、群馬県川場村に実習に来ました。

あいにくの雨でしたが、東京農業大学の先生の講義を聞いたり、田んぼに入り雑草をとるなど、ホタルが住める環境作りを学びました。

P2012_0707_133713.JPG

P2012_0707_133713.JPG

P2012_0707_133713.JPG

P2012_0707_133713.JPG

P2012_0707_133713.JPG

P2012_0707_133713.JPG


7月6日試験最終日に本校で普通救命講習会を実施しました。学園では5台のAEDを設置し生徒全体に対して、心肺蘇生法とAEDの使用方法を習得する機会を設けております。平成19年度より、1年生と4年生に3年間有効の「救命技能認定証」が交付される普通救命講習会を実施し、これらの講習を通して、人命に関わる緊急時において、迅速かつ的確な行動がとれる判断力や決断力及び柔軟な対応力を身につけます。しかし、究極のねらいはどのような行動が人命を救うのか相手の立場になって考え、行動する「優しさ」を育むことです。

画像 030修正済み

画像 070修正済み


7月6日、実力テスト終了後、里山環境校外合宿の事前学習として、自然再生観察園に実習に行きました。

ホタルが住むために、必要な環境を学びながら、メモをとったりスケッチしました。

その後、環境整備のため、雑草とりを行いました。採りながら、植物の多様性や草の下に隠れていた昆虫を見つけ興味をもつ等、触れて多くのことを学べたようです。

P2012_0706_112221.JPG

P2012_0706_112221.JPG

P2012_0706_112221.JPG

P2012_0706_112221.JPG


 7月2日(月)から1学期末考査が始まりました。1年生から4年生は5月の中間試験1週間前に学習習慣強化合宿を実施し、最終日には中間試験のプレテストを実施しました。全員が学習習慣の身についた状態でのぞんだ中間試験でしたので、ほとんどの生徒が手応えを感じたようです。しかし、今回は中間試験から1ヶ月以上経過し、本当の意味でその習慣が定着しているかどうかのテストでもあります。試験前は復習チェックプリントの提出が増え、早朝から職員室隣のQAルームでの質問か絶えませんでした。生徒も先生も本気モード全開でした。

IMG_7241

IMG_7244


こんにちは。保健委員です。


私たち保健委員は、今年度から毎週水曜日と金曜日に水質検査を行っています。

水質検査を行うことで、みんなの健康を守っています!!

今年度も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

Img_4389

Img_4381

Img_4386


ウェブページ

月別 アーカイブ