演劇部・活動報告

演劇部は3月26日に、山手城南地区春の演劇祭(場所:青年劇場スタジオ結)に参加し、青年劇場のスタッフと共に『頼られシスター』という演目を上演しました。この演目は1月から準備を始め、途中に送別会の練習を挟みつつ、この日のために練習をしてまいりました。内容は、高校生の兄妹、姉妹が主役のコメディで、観客の皆さんに笑っていただけるような工夫が沢山施されている演目です。本番では、思いがけないシーンで笑いをもらったり、思いの外笑いが起きずに滑ってしまったシーンもあったりと、コメディのむずかしさを実感しつつ、大きな失敗もなく(舞台セットが倒れた時は肝を冷やしましたが)無事に上演することができました。

また、この日は山手城南地区に所属している複数の高校の演劇を観ることができ、よい刺激となりました。全公演終了後には、劇団員からの講評があり、さらに劇場のバラシの手伝いという貴重な体験もして、実りの多い一日となりました。

①.JPG

そして4月15日(土)は、同じ演目の校内発表会です。演劇祭の際に指摘をいただいた個所を修正して、本番に臨みます。クラブ紹介での宣伝も経て、新入生歓迎公演と題して、13時15分から上演しました。当日は多くの新入生・在校生・教員が観に来てくださり、盛況のうちに幕を下ろしました。外部公演とは少し違う雰囲気の中、精一杯演じることができました。御来場の皆様、ありがとうございました。

この演目を上演するのは15日が最後でした。これからは夏公演・夏合宿・地区大会に向けて新しい演目に臨んでいきます。今回の反省を活かして、さらにレベルアップした演劇部をご覧いただけるよう、演劇部は日々努力していきます。これからも応援をよろしくお願いいたします。

②.JPG③.JPG


ウェブページ

月別 アーカイブ