演劇部・活動報告

小野学園中学・高等学校演劇部です。

演劇部では、先月27日、京華高校にて初めて私学大会に出演いたしました。私学大会は、東京都私立中学高等学校演劇発表会として、都内の私立学校が集まって公演発表を行います。秋に出演した地区大会とは異なり、中学生だけの学校があったり、会場が高校であったりと、初めての体験も多く、非常に学びの多い参加となりました。当日は、トラブルもありましたが、部員一丸となって持てる力を出し切ったようです。

写真①.JPG

年が明けて1月5日、新年最初の部活動では、品川神社に初詣に行ってまいりました。すぐ傍に迫る新年公演や新歓公演への意気込みを絵馬に託しました。また、新歓公演では神社を舞台にした公演を予定しており、資料にするため、鳥居や社を写真に収める姿もありました。

写真②.JPG写真③.JPG

そして、先日、新年公演を校内にて行いました。私学大会で上演した公演を、アンケート結果などを基に再考し、さらに磨き上げて発表しました。当日は多くの在校生や教員が観に訪れ、大盛況の内に幕を下ろしました。

今回の公演中に、生徒の一人がアドリブで「この公演も(闘いも)最後だ」というセリフを入れました。演劇部では今年度、4月の新歓公演、6月の短編演劇発表会、9月の地区大会、10月の志ら梅祭、12月の私学大会、1月の新年公演と数多くの公演をしてまいりました。演目の中には一度だけのものもあれば、複数回上演するものもあります。それでも、多くて4回程度の上演です。そのわずかな公演のために、生徒は何か月も何時間もかけて準備し練習に励んでいます。そしてその一つ一つの公演は、今しかできないものです。たとえ同じ台本を用いたとしても、今このメンバーで演じることは出来ません。そのため生徒は今この公演を大事にしています。その努力が報われ、最高の発表ができるよう、これからもサポートしていきたいと思います。

写真④.JPG

演劇部顧問


ウェブページ

月別 アーカイブ