演劇部 活動報告『恋愛攻略本(部員創作)』

今年度演劇部は新入部員3名を迎え、総勢18名で活動をスタートいたしました。

演劇部最初の発表会は、山手城南地区短編演劇発表会(6月10日開催/中町ふれあいホール)です。通称Fステージと呼ばれるこの発表会は、各校の新入生お披露目会として20校近い学校が参加しています。

小野学園も昨年に引き続き出場し、新入生を主演に据えて、『恋愛攻略本(部員創作)』を上演いたしました。

~あらすじ~

女の子にモテたい、高校1年生のトオル(M.Yさん1年)は幼馴染のマリカ(S.Oさん6年)に相談します。マリカの言葉通り『恋愛攻略本』を手にしたトオルは、図書委員のカスミ(M.Mさん4年)をはじめ、学校中の女の子に好意を寄せられるも、肝心な好きな子には......。

17分という持ち時間をいっぱいに使って、この1か月半の成果を出し切ることができました。

上位大会推薦(都大会)は逃しましたが、満足のできる発表ができたのではないでしょうか。

初舞台にもかかわらず、堂々とした新入生の演技が印象的です。
写真1.png写真2.png写真3.JPG

また、今回は、新入生を中心として、Fステージ出演組のほかに、校内発表組と称して、5年生を中心にした演劇も同時に練習を続けていました。5年生中心の演劇は、秋の地区大会を見据えて、脚本から演出、出演まで5年生が中心になって「My self」という劇を作り上げました。

~あらすじ~

盗難事件の犯人を追う、刑事(N.Iさん5年)は今回も犯人逮捕に失敗。怒りっぽくなったり、ネガティブになったり、と忙しない様子だが、刑事の頭の中では、怒り(S.Sさん5年)やネガティブ(M.Sさん5年)らが会議を繰り広げていた。刑事の本当の人格とは......。

Fステージの翌日、6月11日(月)に校内にて、放課後、上記2公演を上演しました。

二回目となるFステージ組は堂々の演技をし、幕間では新入生インタビューを行いました。

初お披露目となる5年生組は、今回は役者としては初舞台の生徒もおりました。ぎりぎりまで練習を繰り返し、顧問としても心配はしていましたが、さすがは二年目。しっかりと公演を成し遂げました。

2公演とも、多くの生徒、先生方がご来場くださり、大盛況のうちに幕を閉じました。

HP用チラシ.png写真4.png写真5.png

この公演で多くの6年生は仮引退をし、進路実現に向け取り組んでいきます。

5年生以下はそんな先輩の背中を見て、また新しい演劇部を築いてくれることと思います。

次回公演は、10月6日、7日の志ら梅祭、8日の地区大会です。

部員一同次の公演に向けて邁進して参ります。


ウェブページ

月別 アーカイブ