フードコースのお弁当作り

今日の5年生フードコースの調理実習では、お弁当を作りました。

目的は、「バランスのよい一食分の弁当を効率よく自力で作ること。」です。

事前授業ではお弁当作りのポイントとして、

・冷めてもおいしくつくること。

・傷みを防いだ調理をすること。

の重要性を伝えました。

また、バランスの良い弁当として、弁当の表面積比「主食3・主菜1・副菜2」となるように指定した食材を使ってメニューを各班考えてもらい実施しました。

食材は、鶏もも肉・卵・ほうれん草・リンゴです。

この食材を使ったお弁当メニューを各班が考え実施しました。

「まごわやさしい」の食材も少しでも多く取り入れられるといいね。と説明をしていたので、ごま、わかめ、いもが使われたメニューをみてうれしくなりました

写真1.jpgのサムネイル画像

りんごの飾り切りにも挑戦!!少しずつコツを覚え頑張っておりました。

今回のお弁当献立は自分たちで献立を考えたので

効率よく調理するには

事前に用意しておくべき調理器具は何か

どのメニューから作り始めたら時間のロスがないか

などの自分たちの課題点が明確になったのではないかと思います。

自分の作ったものを友達とシェアしながら食べているところは、とても微笑ましかったです。「共食」を楽しむ一つになるのはとても良いことなので、ぜひ自分でお弁当を作り、健康でおいしい楽しい時間を増やしてほしいと思っています。


ウェブページ

月別 アーカイブ