部室へようこその最近のブログ記事

4月16日(日)審判講習に参加しました。昨年度は後期に開催されたものに参加しましたが、今年は新入部員も合わせて前期の部に参加しました。今年度初めての夏日といわれたほど暑く、水分補給をしながらの講習になりました。

講習では部員達と同い年の高校2年生や3年生の指導の元、ハンドシグナルの出し方、コールの仕方、スコアシートの記入方法など、実際に身体を動かしたり声を出したりして学んでいきました。高体連の公式戦では負けてしまった方がコートに残り、次の試合の審判をします。これから始まる大会に向けて、きちんとした審判の仕方を学ぶことができ、充実した1日になったことと思います。

23日から高校生の都大会個人戦が始まります。新年度が始まり部員たちも新たな学年で大会に向けて練習に励んでいます。今年は「挨拶」を徹底し、よりよい部活動を目指し活動しています。本年度もテニス部の応援の程、よろしくお願いします。

テニス①.jpgテニス②.jpgテニス③.jpg


演劇部は3月26日に、山手城南地区春の演劇祭(場所:青年劇場スタジオ結)に参加し、青年劇場のスタッフと共に『頼られシスター』という演目を上演しました。この演目は1月から準備を始め、途中に送別会の練習を挟みつつ、この日のために練習をしてまいりました。内容は、高校生の兄妹、姉妹が主役のコメディで、観客の皆さんに笑っていただけるような工夫が沢山施されている演目です。本番では、思いがけないシーンで笑いをもらったり、思いの外笑いが起きずに滑ってしまったシーンもあったりと、コメディのむずかしさを実感しつつ、大きな失敗もなく(舞台セットが倒れた時は肝を冷やしましたが)無事に上演することができました。

また、この日は山手城南地区に所属している複数の高校の演劇を観ることができ、よい刺激となりました。全公演終了後には、劇団員からの講評があり、さらに劇場のバラシの手伝いという貴重な体験もして、実りの多い一日となりました。

①.JPG

そして4月15日(土)は、同じ演目の校内発表会です。演劇祭の際に指摘をいただいた個所を修正して、本番に臨みます。クラブ紹介での宣伝も経て、新入生歓迎公演と題して、13時15分から上演しました。当日は多くの新入生・在校生・教員が観に来てくださり、盛況のうちに幕を下ろしました。外部公演とは少し違う雰囲気の中、精一杯演じることができました。御来場の皆様、ありがとうございました。

この演目を上演するのは15日が最後でした。これからは夏公演・夏合宿・地区大会に向けて新しい演目に臨んでいきます。今回の反省を活かして、さらにレベルアップした演劇部をご覧いただけるよう、演劇部は日々努力していきます。これからも応援をよろしくお願いいたします。

②.JPG③.JPG


3月7日付で志ら梅新聞第5号を発行し、職員室前に掲示しました。

今回の記事内容は以下の通りです。

 ①卒業生インタビュー

 ②先生インタビュー(Y先生)

 ③折り紙クラブインタビュー

 ④『ビリギャル』レビュー

ご来校の際は、ぜひご覧下さい。

掲示写真.JPG


研究発表1.jpg

2月19日(日)、私学協会が主催する第56回生徒理科研究発表会に、本校化学部も参加しました。

現在、部員は高3生を除くと6名です。今回、中学生2件は誌上発表、高校生1件は舞台発表という形で外部の研究発表会に参加することができました。

以下が研究テーマです。

・「身近な食べ物の蒸留」(中3)

・「健康被害の出たスマートフォンケースの中に入っている液体について」(中3 2名による共同研究)

・「天気管と気象の関係について」(高1と高2 2名による共同研究)

毎年、化学部は文化祭が終わって10月の半ば頃から、各自の研究を始めます。それぞれが興味を持っている内容を研究して良いということになっているので、テーマはバラバラです。しかし、自分が気になっていることだけに、各々が真剣に研究をします。今年は、3年振りに外部発表ができる形まで持っていきたいと考えていたので、部員もその期待に応えてくれ、それぞれA4 1枚の研究レポート、パワーポイントを用いたスライド資料を見事に作ることができました。

舞台発表も練習と修正を繰り返したおかげで、本番は立派に研究内容を発表することができました。本人たちは緊張していましたが、自分たちがしてきたことを大勢の知らない人達の前で発表できる機会というのは滅多にありません。

顧問としては、自分達の発表に力を注ぐことはもちろんですが、他校の中高生の姿を見てもらいたいという思いがありました。他校の学生が発表している姿を見て、「自分より年下の子が難しそうな研究をしている・・・」「発表が上手・・・」など口にしていましたが、良い刺激を受けたようです。共同研究をしていた高校生たちは、今後の展望を「しっかりと天気を予報できる天気管を作ること」と語っていたので、試行錯誤をしながらぜひ完成させて欲しいと思います。

顧問 村上

生徒理科研究発表会.jpg


 東京都高校新人戦が始まりました!9月11日(日)はダブルスの試合が行われました。今年は高校1年生のペアが第一回戦を勝ち上がることができました!!!

【第一回戦】

小野学園 6-4 大泉桜高校

 双方の力は均衡していて、あとほんの少しでも手を抜いたり、勝とうと思う気持ちが弱ければ、悔し涙を流していたかもしれません。緊張感があり、見ているこちらも手に汗握る良い試合でした。

【第二回戦】

小野学園 0-6 早稲田実業高校

 第二回戦では早稲田実業高校さんと戦いましたが、力及ばず。自分たちのレベルを改めて感じさせられる試合でした。しかし、一試合行った後ということもあり、緊張もほぐれ、果敢にボールを追いかける姿には、彼女たちのテニスへの真摯な姿勢を感じました。応援に来た中学生の後輩たちにも、先輩として良い姿を見せられたのではないかと思います。

 18日はシングルスの試合があります!まずは、一回戦突破を目指して頑張っていきたいと思います!


 9/4(日)に東京都高体連主催の「審判講習」と「技術講習」に参加してきました。

 審判講習では、指導校の生徒が実際に声を出しながら教えてくれました!試合を通したコールの練習などもあり良い勉強になりました。生徒たちも同じ高校生から教わるということで、より真剣に審判の練習をしていました。

さらに技術講習では、なんと!!プロテニスプレーヤーの本村剛一さんに直接指導していただくという大変貴重な経験をすることができました!!ストロークやボレーなどの基礎を一から丁寧に教えて頂きました。明日からの練習にも生かしていきたいと考えています。

一週間後の9月11日は高校生の新人戦です!部員一同、それぞれの目標に向けて切磋琢磨しています。応援よろしくお願いいたします!

data.jpg


6月27日(月)ダンス同好会の校内発表会が本校の講堂でありました。新入生だけで踊るE-girls の「ごめんなさいのkissing You」からスタートして、最後の「ブレイクフリー」まで、全四曲を披露しました。

ごめんなさいのkissing You

11.jpg

Hard knock Days

12.jpgBad ∞ End ∞ Night

13.jpg

Break Free

14.jpg

入学してから2ヶ月間という短い期間での練習でしたが、一生懸命心を合わせて踊りました。志ら梅祭でも発表をしますので、その時には今よりレベルアップした姿を見せることができると思いますので、ぜひ見に来てください。


紫陽花が日増しに色を深めていますが、梅雨明けが待ち遠しい季節になりました。

今月テニス部では二校の学校と練習試合を組ませていただきました。

6月12日には初めて馬込東中学校に訪問しました。綺麗なコートを広く使うことができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。今回の練習試合に参加して下さった生徒さんは中学三年生で、こちらの歯が立たないという場面が多くみられましたが、必死にボールを追う姿に成長を感じる一日でした。

1.jpg2.pngのサムネイル画像3.pngのサムネイル画像

 6月25日には鈴ヶ森中学校で合同練習と練習試合をさせていただきました。今回は中学1年生から3年生までの男女合同での練習に混ぜていただき、普段と違う練習雰囲気が良い刺激になったと思います。ダブルスで行った練習試合では、新入生の高校1年生が初勝利をおさめるという経験をすることができました!

4.jpg5.pngのサムネイル画像6.png7.jpgのサムネイル画像8.jpg

品川区民大会に向けて日々練習を重ねておりますので、ぜひ本番の区民大会でのお嬢様の姿を見に来てください。


5月22日(日)東京都立農産高等学校にてインターハイ予選2回戦に出場しました。先週とは打って変わって序盤からペースがつかめず、相手チームに簡単なシュートを許してしまうなど苦しい展開が続きました。第2ピリオドになっても相手の勢いに押され、前半途中8点差が開き、ディフェンスのシステムを変更してからシューターが3Pシュートを3本決めて逆転成功。後半も一瞬の隙を突かれてシュートを許してしまうことがありましたが、徐々に自分たちのペースに持ち込み、逃げ切ることができました。来週は東京都ベスト16の強豪校との対戦になります。怯むことなく思い切ったバスケットボールができるよう頑張りたいと思います。

葛飾野.jpgIMG_8716.JPGIMG_8763.JPGIMG_8736.JPG


5月15日(日)東京農業大学第一高等学校会場にて、高校生活最後の集大成をかけた熱い戦いが始まりました。負けたら引退と緊張感と興奮が入り交じる中、序盤から自分たちのペースでバスケットボールを展開できました。後半はあまり日の目を見られなかった上級生も出場し、3Pシュートを決めるなど部員全員が一丸となることができました。

Image3.jpgIMG_8574.JPGIMG_8662.JPGIMG_8678.JPG


ウェブページ

月別 アーカイブ