茶道部の最近のブログ記事

茶道部では1月8日に「初釜」を行いました。

1月の初めに茶道部全員が参加して行う毎年恒例の行事です。

1421325606285.jpg

1421325572500.jpg

「初釜」では、「花びら餅」というお菓子をいただきます。このお菓子は、軟らかいお餅の求肥(ぎゅうひ)で、白味噌のあんとごぼうを一緒に包んであります。お菓子に味噌とごぼうとは面白いなと思っていましたが、これには古くからの云われがありました。

1421325644294.jpg

ごぼうは、押し鮎(塩漬けにしておもしをかけてつくる)を見立てたもので、白味噌には雑煮の意味が込められているとのこと。

遡ること平安時代の宮中では年の初めに、猪、鹿、大根、瓜、押し鮎をのせて食することで、歯を丈夫にし、長寿を祝う歯固めの行事が行われていました。やがて行事は儀式になりました。当時は子供の歯固めに重宝されたことからみても、押し鮎は固い食物だったのでしょうか。やがて茶道の「初釜」の行事にも、長寿の押し鮎と正月の雑煮は「花びら餅」に姿を変えて登場するようになりました。

1421325582279.jpg

このような意味深いお菓子の由来を知ると、一段とお菓子の味も増しますね。これからも季節を感じながら、お稽古に望もうと思います。


立春を迎えたとはいえ、なお厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、茶道部ではいま、三月に行われる三年生と六年生の先輩方の送別会を控えています。

茶道部では先生方に少人数で教えていただくので、先輩方とお話しする機会は多くはありません。

ですが、日々のお稽古での振る舞いや文化祭でのお点前を拝見し、その姿から学ばせていただくことがたくさんありました。

そんな先輩方に後輩である私たちからおもてなしし、感謝の意を表することができますよう、お稽古に励みたいと思います。

茶道部.jpg


皆さんこんにちは。茶道部です。

茶道部では火曜日、木曜日、金曜日の中から曜日を選択し、週1回楽しく活動を行っております。

南校舎6階の作法室で、お茶の先生の丁寧なご指導のもと、お茶のお点前はもちろん、礼儀作法について学んでいます。

 

季節ごとに変わるお茶のお点前、茶道具、お菓子もあり、伝統的な日本文化を感じることができます。

お茶のお稽古は簡単なところから始まり、1つ1つを覚えていくことで、自然と作法を身につけることができます。

初心者の方でもお茶を点てられるようになりますよ!

 

1月の初めには、年に一回茶道部全員が参加する”初釜”という行事があります!

機会があれば是非茶道部へいらして下さい。
お待ちしております。

DSC_0797

茶道部部長


茶道部は、小学生からカルチャー教室のお母様方まで、

幅広い年齢層の部員がおり、裏千家の茶道を学んでいます。

11月に入り、炉開きを迎えました。

炉開きとは、お茶の世  界では茶人のお正月と言われています。

茶道部③ 
 
炉が使用できるのは、11月から4月までの6ヶ月間です。

炉になると、囲炉裏があくのでとても暖かく、また落ち着いて

お稽古ができます。

茶の湯を通して、日本の四季の移り変わりを学んでいます。

 

 

 


普段茶道部では、お茶の先生方の丁寧なご指導のもと、週に1回作法室にて活動しています。

2学期からは、あと2週間程で開催される志ら梅祭に向けて稽古に励んでいます。

さて、今年の志ら梅祭は、例年とは異なったお茶会を開かせていただきます。

立礼(りゅうれい)というお茶会の形式で、亭主(ていしゅ:お点前する人)もお客様も椅子に座って行います。

この形式は、明治時代に当時の御家元によって発案されました。

お点前の方法も運び方もいつもとは違うので、新しいことが多くとても大変です。

しかし、色々なお点前や歴史を知ることは楽しいですし、皆一生懸命励んでいます。

志ら梅祭にお越し頂いた際には、他ではあまり体験できない、いつもとは違ったお茶会に是非お時間が御座いましたら、お越しください。


 10月に行われた志ら梅祭のお茶会では、た
くさんの方々に来ていただくことができました。
ありがとうございました。

茶道部では、1月の初めに初釜、2月に針供養
と初午ということで馬上杯を使ったお点前などを
しました。

針供養とは、2月8日(関西地方では12月8日)
に、折れたり、さびてしまったりした縫い針を神社
に納めたり、豆腐やこんにゃくなどのようなやわ
らかいものに刺し、供養することで裁縫の上達を
願う日だそうです。

また、初午というのは、2月の最初の午の日で、
稲荷神の信仰で五穀豊様や福徳を祈願する日
です。この初午の日に馬上杯という楽茶碗を使
用しました。馬上杯の形の由来は、武士が馬に
乗ったまま片手で持てるように高台がとても高く
なっています。

この他にもその時々の季節に合わせ、日本の
伝統文化なども感じつつ、お茶のお稽古をして
います。
Photo


私たちのクラブは、現在、中学生9名、高校生
21名の総勢30名で活動しています。

 場所は6階作法室で、6人のお茶の先生方の
丁寧なご指導のもと、
週1回それぞれの活動日
に、とても和やかな雰囲気の中でお稽古をして
います。

 お茶のお稽古は簡単なところから始まり、
初心者の生徒でも、卒業する頃までには
一人でお点前ができるようになります。

 静かで落ち着いた明るい和室で、季節
ごとに変わるお花や和菓子、茶道具なども
あり、
伝統的な日本文化を感じることも
できます。

 10月の志ら梅祭ではお茶会を開きます。

 美味しい和菓子とお抹茶を用意しておりま
すので、お越しの際は是非お立寄り下さい。

 部員一同、心よりお待ちしております。


ウェブページ

月別 アーカイブ