今週の小野学園の最近のブログ記事

106日・7日と二日間、本校の文化祭・志ら梅祭が開催です。

この日に向けて、9月の部活は準備、準備、準備。

どうしたらたくさんのお客様が来ていただけるかな。

せっかく来ていただいたお客様が喜んでくれるのはどんなことかな。

部員たちで話し合いを重ねて、一生懸命つくり上げました。

当日は二日間とも大盛況!

たくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。

部員一同、ただただ感激です。

今回、アンケートも実施させていただきました。

ご協力ありがとうございました。

部活内で振り返りの時間を取り、次回文化祭に向けて励みにしたいと思います。

※写真は、オープニングセレモニーでの部活紹介の様子と、今年度配布した部誌です。

写真1(オープニングセレモニーの部活動紹介).JPG(部誌).jpg


日の過ぎるのは早いもので...

大変遅くなってしまいましたが、今回は8月実施の高校オープンキャンパスの様子を報告したいと思います。

今年は授業時間が90分と大幅に拡大!

イラスト好きが集まって、たくさん話ができるねと部員一同緊張しながらも楽しみにしていました。

当日は、「上手に見えるイラストの描き方」と題して、オリジナルキャラクター作成に取り組みました。

顔・目・鼻それぞれの形や、その配置で印象が大きく変わることや、男女を書き分けるポイントなどを、テキストプリントで確認しながら描いていきました。

そして、自分のキャラクターをより魅力的に表現するためにはどうすれば良いか、みんなでアイディアを出し合って、オリジナルキャラクターを作っていきます。

どういうキャラクターにしようか、参考となるのは自分の好きなキャラクターや世界観。

「私、〇〇が好きなんです」

「私も!あと、△△も好き。かっこいいよね」

「あ、わかる!じゃあ××は?」などなど、好きな作品の話をしながら描き続けます。

だんだんとキャラクターが決まってくると、今度は設定で大盛り上がり!

90分では長すぎるかな?と思った時間も、あっという間に過ぎていきました。

最後は、みんながどんな作品を生み出したのか、全員で鑑賞です。

魅力的なキャラクターが生まれたようで、最後まで明るいオープンキャンパスとなりました。

写真irasuto.JPG写真1(全景).JPG写真2.JPG写真3.JPG


チャイルドスポンサーでは、今年度も夏休み中に全校生徒が手作り品を準備し、志ら梅祭当日に販売を行いました。

多くの方にご理解、ご協力をいただき、本年度も多くの売り上げがありました。両日合わせた売り上げは69370円、募金額は7263円となりました。こちらの収益はワールドヴィジョンジャパンを介して、ルワンダ共和国の子供たちの支援に使われます。

今後のチャイルドスポンサーの活動としては、ルワンダ共和国のオローレちゃんに誕生日カードやクリスマスカードを送ります。遠く離れた国で暮らす子供たちに思いをはせて、英語で手紙を書きます。国際交流を考える一つのきっかけになればと思います。

今年度もチャイルドスポンサーのご協力をありがとうございました。今後も何卒よろしくお願いいたします。

写真1.JPG写真2.JPG

今年度の販売教室の様子


演劇部は、今年度も志ら梅祭両日と山手城南地区大会(東京都高等学校文化祭演劇部門)に参加しました。今年度の演目は「シュガーランプ」。人が死ぬと姿を角砂糖に変えるという架空の世界を舞台に、甘く切ない恋物語を演じました。

チラシ.png

志ら梅祭では多くの方々に観ていただき、ありがとうございました。OGも応援に駆けつけてくれ、部員にいろいろな声掛けをしてくれていました。今までにない観客数に、何度か舞台に立ったことのある生徒も「こんなにたくさん来てくださると思っていなくて緊張した」と言うほどでした。

上演中は、大道具が見つからなかったり、セリフを忘れてしまったりとささいなトラブルはありましたが、無事に演じ切ることができました。

感動した、楽しかった、という感想をいただき、達成感も大きかったようです。

写真1.JPG

写真2.JPG

地区大会は、昨年までとは異なり、「こまばアゴラ劇場」にて上演を行いました。普段はプロの劇団員が上演するような劇場で公演を行えることは、部員にとっても貴重な体験になったのではないかと思います。公演は成功し、4か月弱、準備してきた集大成を見せることができました。

上演後の講評会では審査員の方々からアドバイスをいただき、今後の活動の糧になることと思います。

地区大会での受賞はかないませんでしたが、アゴラ劇場の方々から「こまばアゴラ劇場せんぱ賞」をいただきました。この賞はアゴラ劇場の方々が、上演校を様々な観点で表彰してくださるものです。小野学園はあいさつを評価して表彰をいただきました。


写真4.JPG

志ら梅祭、地区大会と大きな舞台を二つ経験した演劇部は、6年生の引退式を経て新たな形でスタートしていきます。次の公演も部員一丸となって励んでいきますので、今後もご支援を何卒お願いいたします。

写真5.JPG


今日の台北も快晴。気温35度。
忠烈祠、故宮の見学を終え、昼食を楽しんでいます。
この5日間、天候にも恵まれ全ての行程を無事終えることができました。
これより帰国の途に着きます。

7bf4ce401a460d23775d6b3e6dc13892349ad1fd[1].jpg

image[1].jpgd44b9497de189535b7ba2379af5b62ee3a7b637c[1].jpg


8月10日のバスケットボール部の体験クラブは定員に達しました。8月16日は若干の空きがございます。ご希望の方はご予約ください。なお、キャンセルが出た場合は予約ホームから予約ができるようになります。両日都合の悪い方は顧問の福永までお電話ください。

バスケットボール部顧問

福永 光一

電話番号 090-4664-8374


暑中見舞い申し上げます。

もう先月の話になりますが、今年もすけぶ交流会に参加してきました!

規模も毎回大きくなっていて、今回はサンシャイン池袋で開催です。

新入生にとっては初めての学外交流会。

勝手がわからないことへの少しの不安と、それ以上に共通の趣味を楽しめるという大きな期待でいっぱいだったと思います。

この日のために作成したイラストは、コンテストに出品しました。

残念なことに、今回入賞とはなりませんでしたが、他校生の作品を鑑賞することで、次回の作品制作への刺激になったことと思います。

当日、小野学園のブースでは、部誌の展示やポストカードの配布のほか、部員が趣味で作っているぬいぐるみも展示。さらに、当日参加できなかった生徒の作品や部員の推しキャラで飾りました。

すけぶ交流会を通して、ブース装飾も少しずつ賑やかになってきたように思います。

この経験を、文化祭の中で発揮できるように、部員一同頑張っていきたいと思います。

==参加部員の感想==

・様々なイラストを見たり、同じゲーム・アニメが好きな人とふれあえてとても楽しかった。(H)

・(コンテスト出品作品を見て)いろいろな人のイラストがあって、人それぞれ描き方が違っていてとても勉強になりました。(I)

・最初は緊張から参加しようか迷ったけど、来てみて本当にいろいろな体験ができたので、とても楽しかったし参加して良かった。(H)

・みんなを楽しめるような絵をもっといっぱい描きたいです!(K)

・自分の趣味を思いきり語ってたくさん交流できました。(T)

・色ぬりを極めたい。(S)

・(コンテスト出品作品を見て)他作品のクオリティが高く、お題が難しかった。(T)

・委員の方に私のラミカをほめてもらえて嬉しかった。(O)

写真1(全景).JPG写真2(ブース).JPG写真3(ブース).JPG


6月10日(日)都立日野台高校会場で4回戦に出場しました。対戦相手は格上の江戸川高校でした。十分な対策を準備してきたつもりでしたが、開始早々#7、#13の3Pが次々と決まり、フリースローも与えてしまいわずか1分45秒で14点の失点。まさかの展開でした。タイムアウトを取るものの相手のリズムスピードを止めることができず空回りをし、3対25で1P終了。2Pは気持ちを切り替え、シュートも決まりはじめ、自分たちのリズムでバスケットをすることができました。第3Pも同じような展開でしたが、少しずつ詰めるものの1Pの大量リードが響き51対68で最終ピリオドを迎えました。反撃の糸口をつかむため仕掛けてみたものの、相手はペースを崩すことなく試合終了しました。

江戸川.jpg0G6A0599.JPG0G6A0614.JPG


6月3日(日)都立つばさ総合高校会場でインターハイ予選3回戦に出場しました。この試合はシード権がかかっている大切な試合でした。

1P開始早々トスアップから速攻を決められ、いやな予感のする始まりでした。その後もいつも決まるシュートが決まらず、相手の#4センターのハイポスト付近からのドライブやゴールしたシュート、#7ポイントゲッターのドライブからのミドルショットなど次々と得点され、18対21まさかの3点ビハインドで1P終了。2Pも苦しい展開で相手でしたがディフェンスを粘り、シュートの確率が悪い中、オフェンスリバウンドからのセカンドチャンスなどで得点を重ねていき、33体32で前半終了。3Pも#4に得点を許し、一進一退の攻防が続く中、スローインプレーやナンバープレーで応戦し52対49で最終ピリオドを迎えました。最終ピリオドも最後までもつれ、残り53秒で66対68の2点差で1年生ガードがゲームをコントロールし相手のファウルを誘い残り28秒フリースローで同点延長になりました。延長戦は相手チームのファウルアウトがあり、ゲームをコントロールできないところプレスし78対73で勝利することができました。

無題.jpg0G6A0427.JPG0G6A0512.JPG


5月27日(日)都立江東商業会場でインターハイ予選2回戦に出場しました。対戦校は都立小石川中等教育学校でした。

序盤から本校のペースでインサイド、アウトサイドのシュート、堅守からの速攻が決まり点数を重ねることができました。前半48対13と大差をつけることができたので後半は全員出場することができました。

小石川.jpg

編集0G6A9221.jpg編集0G6A9353.jpg


今年度演劇部は新入部員3名を迎え、総勢18名で活動をスタートいたしました。

演劇部最初の発表会は、山手城南地区短編演劇発表会(6月10日開催/中町ふれあいホール)です。通称Fステージと呼ばれるこの発表会は、各校の新入生お披露目会として20校近い学校が参加しています。

小野学園も昨年に引き続き出場し、新入生を主演に据えて、『恋愛攻略本(部員創作)』を上演いたしました。

~あらすじ~

女の子にモテたい、高校1年生のトオル(M.Yさん1年)は幼馴染のマリカ(S.Oさん6年)に相談します。マリカの言葉通り『恋愛攻略本』を手にしたトオルは、図書委員のカスミ(M.Mさん4年)をはじめ、学校中の女の子に好意を寄せられるも、肝心な好きな子には......。

17分という持ち時間をいっぱいに使って、この1か月半の成果を出し切ることができました。

上位大会推薦(都大会)は逃しましたが、満足のできる発表ができたのではないでしょうか。

初舞台にもかかわらず、堂々とした新入生の演技が印象的です。
写真1.png写真2.png写真3.JPG

また、今回は、新入生を中心として、Fステージ出演組のほかに、校内発表組と称して、5年生を中心にした演劇も同時に練習を続けていました。5年生中心の演劇は、秋の地区大会を見据えて、脚本から演出、出演まで5年生が中心になって「My self」という劇を作り上げました。

~あらすじ~

盗難事件の犯人を追う、刑事(N.Iさん5年)は今回も犯人逮捕に失敗。怒りっぽくなったり、ネガティブになったり、と忙しない様子だが、刑事の頭の中では、怒り(S.Sさん5年)やネガティブ(M.Sさん5年)らが会議を繰り広げていた。刑事の本当の人格とは......。

Fステージの翌日、6月11日(月)に校内にて、放課後、上記2公演を上演しました。

二回目となるFステージ組は堂々の演技をし、幕間では新入生インタビューを行いました。

初お披露目となる5年生組は、今回は役者としては初舞台の生徒もおりました。ぎりぎりまで練習を繰り返し、顧問としても心配はしていましたが、さすがは二年目。しっかりと公演を成し遂げました。

2公演とも、多くの生徒、先生方がご来場くださり、大盛況のうちに幕を閉じました。

HP用チラシ.png写真4.png写真5.png

この公演で多くの6年生は仮引退をし、進路実現に向け取り組んでいきます。

5年生以下はそんな先輩の背中を見て、また新しい演劇部を築いてくれることと思います。

次回公演は、10月6日、7日の志ら梅祭、8日の地区大会です。

部員一同次の公演に向けて邁進して参ります。


HR合宿最終日は朝の体操、朝食後に1日目のプログラムを入れ替え、4C、4Dはカヌー体験、1A、4A、4Bはサンドブラストをおこないました。カヌー体験は天候にも恵まれ、最後のプラグラムを存分に楽しむことができました。サンドブラストも2週間後に届くオリジナルコップを楽しみにみんな丁寧に作業していました。3日間大きな事故もなく貴重な体験ができました。この合宿で学んだことを帰京して生かしてほしいと思います。

このブログ以降、帰京のお知らせは緊急災害時のおしらせに掲載します。(wha's newからも見られます)

0G6A0187.JPG0G6A0253.JPG0G6A0298.JPG0G6A0325.JPGDSC01556.JPGDSC01557.JPG


夕食後、生徒たちは体育館へ集まり、各クラスの代表が企画した全体レクリエーションを行いました。じゃんけん列車では最後の先頭(優勝)は4Bの生徒になりました。また、クラスリレー(指示カード付)では大変な盛り上がりをみせ、時間が過ぎるのも忘れるぐらいでした。

0G6A0081.JPG0G6A0091.JPG0G6A0097.JPG0G6A0134.JPG0G6A0143.JPG0G6A0151.JPG0G6A0158.JPG最後は全員で記念写真を撮りました


中学生の午後のプログラムはネイチャーガイドの方の説明を聞きながら、こうもり穴入洞と樹海散策を行いました。

冬の間にコウモリが洞窟内で生活している様子や形跡、溶岩の流れた後などを見て、自然のすごさやそれを利用している生物たちに感動していました。

その後、環境省生物多様性センターで、生き物のつながりと環境について学びました。また、動物のはく製などを実際に触ったり、骨格標本で詳しく内部を比べたりと楽しく学習することができました。

DSC06391.JPGDSC06409.JPGDSC06410.JPGDSC06473.JPGDSC06488.JPG


午後の高校生のプログラムはトレッキングでした。天候が不安定なため、三湖台の頂上まで行かずに紅葉台から引き返してくるルートを選択しました。小雨の中、ガイドさんから詳しい話を伺い、自然に興味を持つ生徒もたくさん見受けられました。

0G6A9993.JPG

0G6A0030.JPG0G6A0040.JPG急な斜面もありました。

0G6A0046.JPG紅葉台で休憩しました

天気予報の通り、ホテルに戻ってきた直後、本降りの雨になりました。


午前のプログラムは山梨県の郷土料理であるほうとう作り体験を行いました。地元の方とホテルの方に作り方の指導を受け、各班に分かれて麺打ちからおこないました。打ち粉が少なくべとついたり、麺の太さがまちまちだったりと苦労している班が多く見受けられました。

0G6A9822.JPGさすが地元の方でした。手際が良く見事な包丁さばきでした

0G6A9829.JPG0G6A9840.JPG0G6A9853.JPG0G6A9862.JPG麺打ち後はバーベキューガーデンへ移動し、汁づくりを行いました。作り方が書いてあるプリントを参考に手分けをして手際よく作ることができました。各班とも美味しくいただくことができました。

0G6A9915.JPG0G6A9918.JPG0G6A9954.JPG0G6A9967.JPG


合宿2日目は6時に起床し、ホテル所有のグラウンドで軽く体操をしました。とても空気が澄んでおり、富士山がくっきと見えてうぐいすなどの野鳥の鳴き声も聞こえました。朝食もバイキングで和食、洋食が準備されており、生徒たちにも好評でした。

0G6A9750.JPG空気が澄んいでいてとても気持ちが良かったです

0G6A9761.JPG0G6A9757.JPG0G6A9773.JPG0G6A9789.JPGサラダバー、ドリンクバーも充実しています。

0G6A9784.JPG生徒の盛り付け一例


体験後は各部屋にそれぞれ荷物を運び入れ、しばらく休憩。午後6時からは楽しみにしていた夕食(バイキング)でした。20種類以上の品数豊富なメニューと果物のほかに女子が好きそうなケーキ、プリンなどのスイーツまで数多く用意されていました。品数の多さだけではなく、各料理には詳しい説明されており、より一層満足度が高かったようです。

0G6A9663.JPG0G6A9674.JPG0G6A9680.JPGやはり甘いものには目がないようです

0G6A9705.JPG食後は各クラスに分かれてレクリエーションを実施し、初日のプログラムを終えました

0G6A9724.JPG0G6A9728.JPG


昼食後、1A、4A、4Bはカヌー体験、4C、4Dはサンドブラスト体験に分かれてそれぞれ実施しました。

カヌー体験は浜でライフジャケットの装着、パドリング、カヌーの操縦方法などのレクチャーを受け、途中休憩を挟みながらの西湖のツーリングに出かけました。少し風が強く心配されましたが、ガイドさんも同行していただき安全に楽しむことができました。

000.JPG111.JPG222.JPG444.JPG中学生のパドル操作も上手でした

サウンドブラスト体験では、数ある絵柄見本の中から好きなデザインを選び、自分だけのグラスを作ります。中にはオリジナルのデザインを考えている生徒もいました。

指先に意識を集中させながら、一心不乱にデザインを切り抜いていきます。この後、工場にて砂が吹きかけられ、細かな傷がデザイン通りにつくこととなります。

完成品が届くのは2~3週間後の予定です。どんなグラスに仕上がるのか、楽しみですね。

555.JPG666.JPG777.JPG


到着が予定時刻より約1時間早く着いたため、開校式を行い、西湖を散策してきました。

0G6A9392.JPG0G6A9398.JPG

高校生代表挨拶

0G6A9420.JPG中学生代表挨拶

0G6A9431.JPG散策へ行ってきました

0G6A9491.JPG0G6A9487.JPG


11月25日に合唱祭が開催されました。

合唱祭は二部構成で行われ、第一部は中学生および音楽選択の高校生による合唱、第二部はプロオペラ歌手4名による「歌曲」でした。

どのクラスもよく練習を積み、素晴らしい発表ができました。

DSC_0597.JPGDSC_0644.JPG

プロの特別演奏は迫力があり、生徒は皆感動している様子でした。

DSC_0707.JPG

(途中には本校教員がステージに上がる場面もありました)

DSC_0700.JPG

思い出深い合唱祭となりました。


11月18日(土)、埼玉女子短期大学(埼玉県日高市)にて行われた「高校生英語スピーチコンテスト」に、高校2年生4名が参加しました。

4人とも「What Japanese Students Need to Think About for Their Future (将来日本人学生が考えるべきこと)」というテーマのもと、発表を行いました。そして、4名のうち1名が、第3位に入賞しました。

その前週には、校内でのスピーチ発表会もありましたが、今回対外的なコンテストにチャレンジしたことは、生徒たちにとって大変有意義な経験となったようです。他校の生徒の発表にも大いに刺激を受けました。今後も多くの生徒に挑戦し続けてほしいと願います。

DSC00025.JPGDSC00036.JPGDSC00038.JPGDSC00048.JPG

DSC00032.JPGDSC0007502.JPG


本日、スクールローソン小野学園店がオープンしました。今後、昼休みの販売と、放課後の20時20分の対応として自動販売機での販売を行います。

写真は本日昼休みの販売の様子です。

IMG_7068.jpg

IMG_7067.jpgIMG_7069.jpg


11月19日(日)都立上水高校にて新人大会3回戦が行われました。今年度はチームの仕上がりが早かったものの、ケガ人が多くフォーメーションの変更など不完全なままの出場となりました。1Pは硬さが見られ、ぐずついた展開でした。外郭からのシュートもなかなか決まらず3点リードで終了。2Pからは緊張もとれ、徐々にシュートも決まり始めて堅い守りから得点に結びつけることができました。後半は更にリードを広げることができ、けが人を除いて全員出場することができました。次はベスト16の藤村学園との一戦です。気を引き締めて試合に臨みたいと思います。

バスケ部のクラブ紹介ビデオ隅田川.jpgタク1.jpgタエ2.jpgネネ3.jpgソツ4.jpg


2017102501.jpg2017102502.jpg

2017年度大学入試問題に使われた本を図書室に展示しました。

2011年度から始めた展示ですが、並べてみると、入試問題として人気のある本がわかります。岩波新書『学びとは何か』は2017年度に4つの大学で使われていますし、岩波新書『本は、これから』『偶然とは何か』ちくま新書『科学の限界』は数年にわたって使われているようです。過去に使われた本でも、また出題されるかもしれません。この機会に読んでみませんか?


268232-1.jpg10月7日(土)・8日(日)に「志ら梅祭(文化祭)」を開催します!

このイベントは、幼稚園・小学校も含めて学園全体で行われる1年間で最大のイベントです。

開催日時:

  10月7日(土) 9:00~15:00
  10月8日(日) 9:00~15:00

各クラスや文化部での作品展示・研究発表はもちろん、各種催し物や公演を企画しています。
また、入試相談コーナーもあります。
(※事前の予約は必要ありません。受験生用の受付にお越しください)
皆さまのご来校をお待ちしております。


7月19日、高校生24名と生物教員2名で富士山5合目に行ってきました。富士スバルラインではバスの車窓から標高によって樹種が変化していく様子を観察しました。5合目では、山梨県の自然解説員の方の話を聞きながら御中道を2時間かけて散策し、高山植物や先駆種のたくましさ、富士山での遷移の状況について学習しました。

1707281.png1707282.png

学習内容は志ら梅祭にて展示予定です。是非見にいらしてください。


5月28日(日)講堂で同窓会総会が行われました。卒業生が年に一度母校に集まり、近況報告をかねて交流をする会です。

校長先生・同窓会長の挨拶のあと、吹奏楽部の演奏が披露されました。現役部員と卒業生(OG会)が一緒に演奏し、同窓会を盛りあげました。

その後、カフェテリアに場所を移し、ランチパーティーではビンゴゲームが行われるなど大盛況となりました。

dou_0.jpgdou_1.jpg大先輩の卒業生にも楽しんでいただけるよう「美空ひばりメドレー」を演奏しました

dou_2.jpg制服を着ていなくても心は「小野学生」

dou_3.jpg「お久しぶりです~ 乾杯!」


6月4日(日)都立芝商業高校においてインターハイ予選3回戦に出場しました。3回戦はシード権がかかった試合で昨年度の新人大会と関東予選で2度のチャンスを逃しているのでどうしても勝利したい一戦でした。

序盤から良いムードで速攻や#5の3Pで得点を重ねる武蔵高校に対し、硬さからなかなか得点が伸ばせず敗北の2文字が脳裏をかすめる苦しい展開で10対13の3点ビハインドで1Pが終了しました。2Pは堅守から得点を少しずつ積み上げ、自分たちのリズムを取り戻して25対19で前半を折り返しました。3Pは特にディフェンスが機能し速攻が決まるなどし46対22で最終ピリオドを迎えました。会場中の誰もが勝負が決まったかのように思えましたが、相手の激しいディフェンスから#4の連続3P、#8のドライブなどが次々と決まり、一気に点差を一桁に詰め寄られました。攻め気がなくなり守りに入っていた悪い流れを断ち切るためにタイムアウトをとりましたが、勢いは変わりませんでした。しかし強気な姿勢で攻め続けていたので失点はあるものの得点もとれたので逃げ切ることができました。

都立武蔵.jpg0G6A2789.JPG0G6A2853.JPG


DSC_0626.jpgDSC_0625.jpg35aed1ae503826868ff619301f6a91468382a49a.jpg シンガポールでのすべての行程を無事に終えて出国します。

ウェブページ

月別 アーカイブ