7月16日、高校2年生の生物選択者53名と生物教員4名で富士山5合目に行ってきました。長い梅雨が明けずにいたため、全員上下のレインコート必携で富士山へ向かいました。富士スバルラインでは車窓から標高によって樹種が変化していく様子を観察、5合目では雨にも負けず、自然解説員の方の話を聞きながら御中道を1時間ほど散策し、高山植物や先駆植物のたくましさ、富士山での遷移の状況などについて学習しました。また、山梨県富士山科学研究所では、飛ぶ種子の工作で楽しみながら、植物の戦略について学びました。学習内容は志ら梅祭にて展示予定です。是非見にいらしてください。

IMG_0599.JPG

IMG_0608.JPG

本日は、4年生の授業の様子をご報告いたします。6月下旬、4年生は家庭基礎で調理実習を実施しました。献立は、「親子丼と酢の物」でした。3~4人が一つの班となり、調理作業を分担しました。

今回の実習の目標は、

「混合だしの取り方を修得すること。」

「調理の下準備の順番に気を付けること(肉・野菜)。」

「班で協力し、時間内に調理・片付けを終了させること。」

としました。上記の目標を心がけ、あたふたしながらも無事に全部の班がこの献立を作ることができました。

写真1.jpg

※生徒が作った親子丼

授業後のレポートには、下記の通り今回の実習から学んだことが書かれてありました。

・卵に火を通してから焦げるまでの時間が速いことを知った。スクランブルエッグになってしまったが、味は出汁の風味がとてもよく美味しくできてよかった。

・調理工程のイメージトレーニングを行ったつもりだったけど思うようにいかず苦戦した。

・手際が悪かったので、次は片付けを手があいた人が行うべきだとわかった。

・失敗や反省もあったが、班で協力した親子丼はとてもおいしかった。

良かった点はもちろん、反省点を分析できていたことから、次の実習への期待が感じられました。

また、「家で作りました!美味しくできました。」という報告も受け、とても嬉しいです。ぜひ、夏休み中にもう一度おうちで作ってみてください。2回目はさらに手際よくスムーズにできると思います。自信をもって作ることのできるメニューを1つでも多く増やしていきましょう。

~調理実習の様子~

〇食材の下準備の様子です。きゅうりの小口切りに苦戦している生徒が多数多数いました。

写真2.jpg

※食材の下準備の様子

〇親子丼鍋からどんぶりに移している様子です。スライドするのが難しかったという感想が多くありました。

写真3.jpg

〇準備が整った班から試食しました。

写真4.jpg

写真5.jpg

711日(木)、歌舞伎鑑賞教室として国立劇場にて『菅原伝授手習鑑‐車引‐』『棒しばり』を鑑賞しました。はじめに「歌舞伎のみかた」で、作品の見どころや隈取の説明など、出演する歌舞伎俳優から分かりやすい説明があったので、せりふなど難しさはあったものの、鑑賞の一助となり華やかな歌舞伎の魅力を感じ取ることができたようです。『菅原伝授手習鑑』では豪快な"荒事"の演出を、『棒しばり』では狂言に近いユーモラスな演技を楽しみました。

DSC_4569.JPG

島﨑 岡村 冨.JPG

 621日に本校グラウンドで体育祭を実施しました。令和最初の体育祭は本校にとって女子校最後の体育祭でもありました。全校を3色に分けクラスの横のつながりだけでなく学年をこえて縦のつながりも強くする目的で体育祭を実施しています。

R010620体育祭:大玉送り.JPG

大玉送り

朝一番の団体競技は全員参加の大玉送りです。これで各色一致団結してチームワークの良さがでていました。

R010620体育祭 :徒競走.JPG

R010620体育祭:徒競走2.JPG

徒競走は30m100m150m走と実施しました。

R010620体育祭:綱引き.JPG

綱引きは各色先生方もいっしょに参加しました。

R010620体育祭:クラスリレー.JPG

各クラスの代表選手が出場し、予選・決勝とも白熱したレースでした。

R010620マスゲーム2 (243).JPG

体育祭で唯一の団体演技は高校3年生によるマスゲームです。特に女子校最後のマスゲームということもあり、今まで練習した成果を本番では全員が心を一つにして演技し、見ている人に感動をあたえました。

R010620体育祭:応援合戦.JPG

各色のリーダーを中心に内容を考え各色工夫を凝らした内容でした。朝練習の成果がどの色も出ていました。

R010620体育祭:クラブリレー.JPG

各クラブから代表の選手が出て予選・決勝と行いました。どのクラブも最後のアンカーまで勝敗が分からなく大変白熱したレースとなりました。

最後の競技は色別対抗リレーで各色の代表選手は応援団の大声援の中競走し、最後に相応しく大変盛り上がり白熱したレースでした。

令和最初の体育祭、女子校最後の体育祭の結果は総合優勝「白組」で幕を閉じました。

5月30日(木)から6月1日(土)の3日間、高校1年生と中学1年生で合同で山梨県の西湖へ合宿に行きました。
目的はその土地の文化に触れながら、お互いの親睦を深めることです。

Img_4535.jpg

1日目はトレッキングでした。
富士山のふもとならではの自然ときれいな景色に感動しながら歩いていました。

Img_4687.jpg

2日目は湖が近くにあるので、カヌー体験です。
初めての生徒がほとんどでしたが、意外と簡単で楽しめたようです。

Img_4782.jpg

Img_4797.jpg

3日目は郷土料理のほうとう作りを体験しました。
どの行事もお互い協力して充実したオリエンテーションになりました。

節季が夏至へと変わり、昼間の日差しは日に日に増していますが、いかがお過ごしですか。 今日は今読んでいる本の紹介をしたいと思います。 小川糸の『ツバキ文具店』です。以下あらすじです。 祖母の葬式のため、雨宮鳩子は高校を卒業して以来8年ぶりに故郷の神奈川県の鎌倉に戻ってきた。 一人で鳩子を育ててくれた祖母は文具店を営む傍ら、思いを言葉にするのが難しい人に代わって手紙を書くことを請け負う「代書屋」でもあった。 祖母に反発して家を飛び出した鳩子だったが、祖母の代書の仕事を引き継ぎ、それに取り組むことで心境が変わり、文具店と代書屋業を継ぐことを決意する。地元の温かい人々にも支えられながら鳩子は代書屋として歩み始めた。 さまざまな人の思いをすくいとり文字にして相手に届けることで、鳩子は彼らの思いに触れ彼らの人生に関わり、また仕事の師匠であった祖母の思いにも寄り添っていく。 (Wikipediaより抜粋) 「代書屋」という昨今では珍しい仕事に対する驚きだけでなく、主人公が代書した手紙そのものが掲載されているのがこの本の興味深いところです。主人公の鳩子が、一文字一文字を丁寧に、依頼人の思いを込めながら書いていることが伝わります。また、依頼された手紙の内容や渡す相手、季節に合わせて、紙やインク、切手を選んでいる描写が大変美しく心地よいのです。 「久しぶりに誰かに手紙を書いてみようかな」そんな風に自然と思える素敵な本です。 ぜひみなさんも一度読んでみてください。 日々は慌ただしく過ぎていきますが時に立ち止まって今いる自分の場所や周りの人達を見渡してみる時間を作りたいと思う今日この頃です。 国語科H

5月30日(木)、2年生はお台場にある英語の体験型施設のTGGへ行きました。施設内での会話や質問はすべて英語で、海外にいるような空間の中で日常生活のコミュニケーションを体験しました。

まず、施設に入ると「Good Morning!」とスタッフの方からの英語の挨拶で、はじめは緊張していた生徒も多くいました。体験が始まると、グループごとにガイド役の「エージェント」がつき、イングリッシュ・スピーカーとしてサポートしてくれたため、生徒は安心して進めることができ、笑顔でコミュニケーションを楽しむ様子も見られました。

午前中はトラベルゾーン内の薬局で買い物や注文、旅行代理店で希望のプランを伝える体験をしました。午後はエアポートゾーンにて、機内での注文、お土産ショップでの買い物、レストランでの料理のオーダー体験など、今まで学習した英語のフレーズなどをもとに会話しながら学ぶことができました。それぞれ異なる課題に挑戦しましたが、一生懸命に伝えようとする姿が見られました。1日を通して様々な英会話を体験することで、最後には自然と英語で挨拶をしていた様子が印象的でした。

IMG_3107.jpg

Img_3161.jpg

IMG_3192.jpg

IMG_3277.jpg

IMG_3423.jpg

IMG_3426.jpg

530()5年生で横浜中華街に遠足に行きました。

4月から遠足委員を中心に活動し、昼休みや放課後を利用して、準備を進めてきました。

遠足当日はよく晴れて、絶好の遠足日和となり、生徒達は横浜中華街を満喫しました。

写真machino1.JPG

写真machino2.JPG

今回の遠足を通して、集団行動の大切さなど多くのことを学びました。

この遠足で学んだことを、9月に予定している修学旅行に活かしてほしいと思います。

530日(木)、高校3年生はディズニーアンバサダーホテルでテーブルマナー講座を受講しました。ディズニーらしく、「ミセス・ディッシュ」の歌にのせて楽しくテーブルマナーを学ぶことができました。これから結婚式などに出席する機会も増えるはずです。ぜひ、今回のテーブルマナー講座で学んだことを実践し、同じテーブルの方たちとの会話を楽しみながら、美しい食事のできる女性になってほしいと思います。

SC_2317.JPG

SC_2350.JPG

523日は、14年生が毎年実施している普通救命講習会が行われました。

『目の前で自分の大切な人が倒れていたらあなたならどうしますか?』この講習会を通して、勇気を出して助ける事への第一歩が踏み出せる人になって欲しいと願って

います...。倒れている人にいつ遭遇するかはわかりません。この講習を通して、1人1人何ができるのか考えてみましょう!!

IMG_4374.JPG

IMG_4381.JPG

IMG_4385.JPG

IMG_4395.JPG

IMG_4398.JPG