2008年4月アーカイブ

 4月23日(水)、学園の周りに「白衣の1年生」が集まりました。理科の時間に栗田教諭の説明で学校に生育している植物を観察して一周するツアーの始まりです。
Img_6756 Img_6767

 学園の内外には、現在の学園校舎の地に創立当初からある木、6年生が11月の九州
修学旅行記念で持ち帰ってプロムナードに植えた木までさまざまな植物が植えられてい
ます。その木一つ一つの名称と説明を聞き、メモをとりながら「理科」の学習をする1時間で
した。
Img_6776_2 Img_6784_2


 生徒も身近な所にこんなに多くの種類の植物があるのが信じられないようで、皆真剣に
聞きながらメモをとっていました。
 二代小野時男校長先生も「理科」教育に熱心でしたので、銅像の前で植物観察をする
新制服の1年生を見てきっと喜んでいることと思いました。
Img_6799 Img_6793_2

 4月から,子どもがお弁当持参になったため,毎日お弁当づくりに励んでいる笛吹カエルです。

 お弁当には「玉子焼き」の基本形がある我が家ですが,それ以外の「おかず」を何にしようかというのが悩みのタネ。日曜日に買い物に行き,スーパーでカートを押しながら,あれこれ選んでいると,隣で娘が「卵焼きにカニカマを入れて」とか「○○ちゃんはフルーツを持ってきたから私も」など注文を付けてきます。さすがに「たこさんウインナー」のリクエストは却下!そんなこんなで買い物を済ませ,仕込みの開始。きんぴらや酢ばす,煮豆などをつくり,不測の事態(←炊き忘れたとか,足りなかったとか・・・)に備えて多めに炊いたご飯を小分けにして冷凍します。(ちなみに我が家ではこれらを「すきまおかず」「ご飯貯金」と呼んでいます)

 今年から,教室で生徒と一緒にお弁当を食べていますが,「いただきま〜す♪」ともに色とりどりのお弁当が広がるクラスを見ていると,どこの家庭も,愛情がいっぱいのつまったお弁当を持たせてくれているんだな,と改めて思います。そしてみんな笑顔で食べています。

 出来合いのお弁当やパンも,とてもおいしいものがたくさんありますが,愛情たっぷりの手作りお弁当がやっぱり一番おいしいと思います。

 家に帰って空になったお弁当箱が台所にあると,「今日も1日元気で良かった」と思います。でも娘よ,たまにはお弁当箱くらい自分で洗っておいてくだ

さい(笑)

今年からの新しい試みの一つに「マナー講座」の実施があります。おそらくマナーというとあまりわくわくする印象を持つ人は少ないかもしれません。本校では生徒がまねをしたくなるような挨拶や応対、歩き方等を生徒に体験してもらうことで、より前向きにマナーをとらえてもらおうということになりました。そこで、「JAL」の関連会社にお願いして、元フライトアテンダントをされていた講師の方に来ていただきました。

配布されたれレジュメには「コミュニケーション・マナー研修」とありました。コミュニケーションは直訳すると「伝達」、マナーは「礼儀・行儀」。つまり伝達することと「礼儀・行儀」が密接に関わっているという意味でこの名称になっているそうです。挨拶一つで印象はずいぶん違いますから、なるほどと思いました。

写真は挨拶の練習をしているところですが、「まず足です。体の中で一番重い頭を前に持っていくわけですがら、身体が安定していないとバランスが崩れます。そこで、かかとを付け、60度くらいつま先を開くとかなり身体が安定します」という説明に生徒は大きくうなずいていました。

説明の後に練習というケーススタディを繰り返し、「きれいですてきな挨拶」ができるようになりました。「ああいう挨拶はいいなあ、すてきだな」という気持ちが以下に重要かを痛感するひとときでした。

今回は中学生が対象 でしたが、この後4年(高1)、5年・6年と少し内容を変えて実施していく予定です。(長谷)

Dsc_0030_160x106Dsc_00221_160x106

Dsc_0006

 本校では昨年度よりSMN(セルフマネージメントノート)を作成・配布し、積極的な活用を促してきた。今年度は勉強の計画がたてやすいように改訂され、さらに使いやすいものとなった。

 先日全体ミーティングが行われ、“目標の達成”というテーマで先生方よりお話があった。

その中で印象深いのは「できる計画」を立てる、という教頭先生のお話で共感を覚える内容であった。学生時代、理想は「富士の高嶺のいや高く」、長期の休みのたびに時間をかけて緻密&ハードなタイムスケジュールを作り、緊張感を持って臨むものの…実行に移されるのは1日2日ということの繰り返しだった。

 それから長い年月が経ち、いろんなことに精通してくると、“実行可能な”“無理のない”計画を立てられるようになり、長谷先生のおっしゃるとおり、“そういう状況に自分を追い込んだり”、“楽しくできる方法を考えたり”とさまざまな工夫をするようになった。これもまた“達成”の喜びを勝ち得たい一心からである。

 数年前オリンピックのマラソンに感動を覚えた私はいつかフルマラソンを完走したいと、夕食後のひとときをジョギングに充てることにした。まったく走りこむという経験の無かった私は、すぐに息が上がってしまい、本当に1キロから始めるという具合だった。しかし徐々に走行距離を伸ばし、5キロ・7キロと走れるようになった。このときも週に3回走れば良いこととし、走った日はカレンダーに赤い○をつけてゆき、カレンダーが赤くうまっていくことは至上の喜びとなった。2ヶ月もすると思いがけず太ももは引き締まり、素敵な筋肉(生まれて始めて)がつき(スーパーで見る手羽先のよう)、鏡を見てはうっとりするのであった。仕事の後のジョギングは決して楽な事ではなかったが、身体が強くなるということは、ストレートに精神面での自信に繋がった。

 束の間こんなことを思い出したのであるが、計画を立てるにはこつがある、ということがおわかりいただけたところで、後は楽しみながら頑張る、ことを実践してもらいたい。

(国語科 手羽先)

Img_0738 平成20年度ご入学の皆さんおめでとうございます。

私は校長2年目、そしてブログも始まりました。

どうぞよろしくお願いいたします。

4月9日、中学・高校の入学式です。新制服の新入生一人ひとりに、在校生手作りの校章ケースに入った校章を渡しました。 Img_1055新制服と共に新しい小野学園の始まりです。
Img_1048_2




4月8日、小学校の入学式が、1年生45名を迎えて行われました。在校生と共に新入生を迎えました。
Img_0978


 

4月9日、幼稚園入園式が、ちゅうりっぷ組160名、うめ組10名を迎えて行われました。ご家族の方々がたくさん来られて第二体育館も一杯になりました。
Img_1067

真っ青な空に「ふわーっ」と広がる白いシーツ。春の日差しの中、洗濯物を干すとなんて幸せな気分になるのでしょうか。

こんにちは、英語科のHです。 桜満開の今、皆さんにとってまさに躍動溢れる希望に満ちた春です。

ところで、皆さんは手塚治氏の漫画「鉄腕アトム」はご存知でしょうか。雑誌「少年」に昭和27年(1952年)から昭和43年(1968年)まで17年間も長期連載されていたものです。手塚氏はこの漫画の主人公アトムの誕生日を、科学省長官の天馬博士によって作られた日、21世紀2003年4月7日に設定しました。その日は、もう過去となりましたが、アトムは希望に溢れるこの4月生まれです。テレビ・アニメの「鉄腕アトム」の主題歌が流れてくると、4月の躍動感のごとく、今でも胸がワクワクしてきます。手塚氏が夢物語として描いた21世紀は、頭上を走る高速道路、ロボット、自動ドア、コンピュータ、携帯電話などで私たち視聴者をびっくりさせたものでしたが、21世紀の今それらがほんとうに現実のものとなっています。彼は小学生の頃から漫画と昆虫採集に熱中していたそうですが、夢と希望を常に持ち続けこの現実化された未来予想図を完成させたのだと思います。

いよいよ新しいスタートの時期に当たって、「人間は明日という希望がなければ生きられない」という言葉を送りたいと思います。希望は、自分で考え、自分がそれに向けて実践するものでなければなりません。それは勉強でも、クラブ活動でも、学校行事への取り組みでも、前向きなものが必要です。希望を持ち、それに向けて努力することで、学校生活も充実します。新学期に当たり、私も皆さんが生きる素晴らしい時間、場所、教えになれるよう努力したいと思います。私たちひとりひとりが持つ善さ、エネルギーが十分に発揮されるように頑張りましょう。そして未来予想図を作ってみませんか。

こんにちは!いよいよ平成20年度スタートです。

今年度からこのブログは校長と教頭である私の2人で書き込みをすることになりました。どうぞよろしくお願いします。

明日4/8は始業式、翌4/9は入学式と続きます。しかし、残念ながら桜の花びらがほとんどもう残っていません。本校には6本の桜の木があります。
Dsc_0206_1024x681 Dsc_0209_1024x681

中でもプロムナードを抜け、事務所前の玄関にある桜の枝振りはみごとです。在籍生、新入生に見せられなかったのが残念です。貼付の写真は3月28日に撮影したものです。

せっかくですから校内のどこかに掲示したいと思います。

 今年の入学式は新制服になって最初の入学式ということで、ピーチベージュの制服を着た生徒たちの明るい笑顔を見るのが今から楽しみです。こちらの様子もいつかこのブログでお伝えしたいと思います。

 1年間よろしくお願いします。

教頭 長谷良一

H200403dsc_0207

こんにちは、Nです。趣味は天気予報です。

 4月をむかえ、新しい学年、新しい生活がスタートしました。新入生の皆さん、入学おめでとうございます。在校生の皆さん、進級おめでとうございます。実は私Nも、「よし今年はコレとアレをやるぞ!」という思いに燃えています!

 さて、今の季節はやはり「桜」です。学校の桜も満開を迎えています。この時期、冬のモノトーンの景色を淡い紅色に塗り替えてくれる「桜」。一つ一つの花が持つ優しさやその咲きっぷりのすごさ、そして散っていくときの潔さが私は大好きです。

 ところで桜を使った言葉に「桜梅桃李」があります。意味は、桜は桜、梅には梅、桃には桃、李には李それぞれに違う特徴やいいところがあります。人間も十人十色、比較をするのではなく、自分にしかない個性を研いて、No.1only1になろうということです。

 この一年を、自分という木の枝に、自身の花や実をつかせるために、頑張っていきましょう!