2010年5月アーカイブ

先日、研修に参加した時に印象に残った言葉があります。一部ですが、紹介したいと思います。

 

① 私学には「変わらない強さ」と「変わることのできる自由」があります。

「変わらない強さ」として私学には、建学の精神があります。

「変わることのできる自由」として私学のもつ独自性という魅力があります。

 

② 私学は、建学の精神を土台としながら世の中の動きに合わせて独自の動きを起こすことができます。

 この話を聞いて、私は私学人として何ができているのか、大変考えさせられました。自信がなくなりそうにもなりました。ただ、生徒と触れ合っていく中で、授業にはこだわりを持っているという自負はあります。

 学習習慣授業写真大久保(①①) 

授業【改】大久保(②) 

板書【改】大久保(③) 

   

 

授業では地図や現地の映像を見る。それによってイメージを具体化させる工夫をしています。

板書もできる限りですが、丁寧に書くようにしています。

  

 

 

 この形式で毎時間授業をすることは、大変細かい準備が必要です。ですが、私は細かさが「私学人」として最も必要だと思っています。 

私の私学人宣言

 私は私学人です。

 私学の教員は、世の中に必要とされる人材を育てる使命と義務があります。時代の変化に即応する柔軟性も大切です。

 私は、自身に常に変化を起こし、「挑戦すること」を宣言します。

 私は私学人です。

 私学の教員として、保護者の方々からお預りしている大切なお子様1人1人と愛情を持って向き合っていくことを宣言します。

 

 早いもので新年度も2カ月が経とうとしています。最近、生徒も私の気持ちに少しずつ応えてくれるようになりました。

 私も20代残りわずかになりましたが、自分の夢に日付を付けて、生徒と共に育っていきたいと思っております。

                                                               社会科教員  O

 
 5月23日(日) 中・高同窓会が盛大に開催されました。
 当日は雨でしたが、同窓生はもちろん、懐かしい先生方も多数お見えになりました。
 IMG_1620 
 吹奏楽部OB会も集まって、華やかな演奏会となりました。
  IMG_1610 
 何と言っても、同窓会々長さんが率いるフラダンスは一番華やかです。
 教職員も舞台に上がって踊りました。
 IMG_1671

DSC_7256

DSC_7116

DSC_6792

こんにちは、小野学園の実験王子(最近○○王子が聞かなくなってきたので使ってみました)こと理科のNです。

 

最近の小野学園のタイムリーな話題といえば、学習習慣強化合宿もありますが、理科教員としてはやっぱりホタルです!

 

ホタルのブログを見てくれている方は知っているかと思いますが、昨年度から毎日毎日休みの日も、ホタルの世話を生徒と一緒にやってきました。

 

 

ついに小野学園のホタルも幼虫から成虫になって土の中から出てきました。今ではホタル自生研究室が夜はホタルの淡い光が明滅しています。

 

今では、理科以外の先生方も夜になるとホタル自生研究室に遊びに来てくれ、毎晩のようにプチホタルの夕べが開かれています。

 

現在本校で育てているホタルはゲンジボタルとヘイケボタルです。

 

日本には約40種類のホタルがいますが、その中でも最も知られているのが、ゲンジボタルやヘイケボタルがです。

ゲンジボタルを例にとると、産卵(さんらん)されてからふ化するまでに約40日、水中の幼虫(ようちゅう)の間が約265日、さらにサナギのすがたで約40日のあと、成虫となってからは約7日間の命しかありません。

 

今はこの年間のうちの7日間だけの成虫時期を楽しんで(悲しんで)いるわけです。

 


ゲンジボタルは、卵(たまご)の状態(じょうたい)でも弱い光を発していますが、成虫となった地上での7日間、最も強く発光します。最後の力を振り絞って求婚のアピールをするわけですね。

 


ホタルの光を見ているとふと思います。

 

結果がすべてなんだなと…。

 

どういうことなのかというと、光るから人に喜ばれるわけですよね。

 

それまではとても可愛いとは言いがたい姿なわけです。結果として最後に光るからみんなが集まってきて、綺麗だなといってくれるわけですよね。(ホタル自身はそんなこと知ったこっちゃないでしょうが…)

 

 

自らの人生においてもそんな時をつくろうと思いますし、

 

 

指導している生徒たちも卒業までにホタルのように最高に輝く時期があるはずです。

 

 

そんな時を見逃さないようにしたいなと思う今日この頃です。

 

 

題名のプロポーズの理由はホタルが光るのは、それはオスがメスにプロポーズするためだからです。ちなみに幼虫のときにも光るのですが、それは外敵から身を守るためらしいです。


 
 
 

 5月22日(土) このところ晴天が続き、30℃を超える日もありました。
 IMG_1544 
 校庭にとっては、成長するのに最適の季節となりました。
 IMG_1541 
 「」は生き物です。手をかけて育てないと枯れてしまいます。
 子供達芝生楽しく遊び、裸足で駆け回り運動をし、テニスを楽しむには、たくさんの人の手助けが必要です。
 IMG_1557 
 「芝生綺麗ですね」「子供達楽しそうですね」と言われるために、芝生を「育てる」縁の下の力持ちがいます。
 IMG_1570 
 同じように、生徒を育て、支えるのが我々教職員の役割ではないでしょうか。

 5月17日(土) 学習習慣強化プログラム合宿3日目です
 ゴールまでのちょうど中間点です。
 朝、起きると一面霧の世界でした。霧の中で元気に「朝の体操」です。
  IMG_1187 
 西湖の湖畔に「朝のミニ散歩」です。
 の西湖に生徒シルエットです。
 IMG_1193
 散歩の途中に、たんぽぽを探します。
  IMG_1219
  「西洋たんぽぽ」?それとも「日本のたんぽぽ」?
 どこで違いを見分けるか知っていますか?
 1年生はみんな知っています。
 IMG_1285
 食事はいつも楽しいです。朝食はしっかり摂ります。
 IMG_1211 
 さあ〜授業の始まりです!!
 机の上は「たんぽぽ」でいっぱいです。
 IMG_1259
             IMG_1260 
 理科授業です。白板にはたくさんの絵が描かれています。
 IMG_1321 
 いよいよのスケッチです。
  IMG_1301 
  たんぽぽの一つ一つの花弁です。
 IMG_1339 
 花弁を一つとり、よ〜く観察してから、ルーペで拡大して描きます。
 IMG_1294
  IMG_1346 
 あっと言う間にお昼の時間です。 チキンライスは何杯でもおかわりできます。
 IMG_1332 
 4A理科授業です。
 IMG_1269 
  授業は、国語 、数学英語社会理科そしてテストがあります。
 全部レポートできませんが、各先生方熱心授業毎日展開されています。
 1年生4年生も「学習習慣強化プログラム」によって、さらに学習能力向上が身についています。
 残念ながら、今日で「監督」交代となり、東京へ帰ることになりました。
  たくさんの方々にブログ見ていただき、ありがとうございました
 引き続き、「はい、校長室です」をよろしくご覧ください。

 

 5月16日(日) 学習習慣強化プログラム「合宿2日目」を迎えました。
 朝、起きると西湖富士山が目の前です。
 IMG_0896
 朝の爽やかな空気の中で「朝の体操」です。
 IMG_0894
 緑の森の中を、朝の「ミニ散歩」で眠気を飛ばしました。
  お腹空いてきました。
 
 IMG_0918

 一日の始まりの朝食はしっかり摂ります。
 IMG_0933 
さあ、今日の「時間割」を見て、6時間授業の始まりです。 
 IMG_0944 
 1年生は「社会科」の授業です。
 コンピューターに入っているデータを使って「授業」は進みます。
 IMG_1047
 「数学プリントできた人はいますか?」全員ハーイ」!
                 IMG_1018 
 1年生の皆は、ホテルの前で何をしているのでしょう
 IMG_1090 
 理科の「」の授業です。レンズを通るはどう進むのか
 すぐ外に出て実験です。凸レンズ太陽光集めて新聞紙に穴をあけています。
 IMG_1086 
 すぐに教室に戻って、「光の進み方」について、学習します。
 「実験」と「教室の学習」が一緒になる「小野学園の理科授業」です。
 IMG_1101 
 夕食の時間はにぎやかです。
 たくさん食べて「自習」「質問」「復習」タイムに備えます。
 
 IMG_1167 
 1年生4年生が、100人 集まって、「予習」「復習」「質問」タイムです。
 先生が全員で答えます。
 IMG_1174
  今日の特別写真
 勉強だけやっているわけではありません!!!
 「リフレッシュタイム」で、西湖湖畔でのショット!
 IMG_1123
  一体誰?エ〜〜〜イ !
 IMG_1125
 飛んだ〜! みんな元気です!

5月15日(土) 1年生と4年生 学習習慣強化プログラム「第3期 合宿」始まる!!
 1日目スタートは2台のバスで出発です。
 IMG_0751 
 快晴の西湖に到着
IMG_0766 
 昼食のほうとうを粉から作りました
  IMG_0798
 IMG_0815 
 いよいよ開始です。開校式学習習慣プログラムのスタートです。
 IMG_0854 
 最初の授業が重要です。4年生の「数学」の授業です。
 IMG_0859
  
 1日目なので、夕食もたくさん食べました。まだまだ元気です。
 IMG_0867 
 1年生と4年生全員で、「予習」と「質問タイム」です。 解らない問題質問して解決します。
 IMG_0883

こんにちは。5月も半ばに入り、初夏のような気温が続いています。気づけば2010年ももうすぐ半分終わろうとしています。『光陰矢のごとし』という言葉がありますが、毎日をもっと大切に過ごさなければいけないなぁと思う今日この頃です。

 

さて、小野学園ではちょうど健康診断シーズンです。生徒たちは、昨年と比べて身長は?体重は?…増えたかな、減ったかなとドキドキしながら測定していました。そんな生徒たちを見ながら私も中学生や高校生の頃、同じように緊張しながら受けていたことを思い出します。健康診断は、いわば1年に1回の自分の身体の“通信簿”とも言えるかもしれません。

 

毎日の暮らしの中で、健康を意識して生活している人は意外と少ないのではないでしょうか。病気になって初めて、健康はすばらしいことだと気づくという話はよく聞きます。実際に私も、風邪を引くとそのようなことをつくづく思います。

 

江戸幕府を開いた武将『徳川家康』は大の健康オタクだったそうです。当時の平均寿命が40歳前後といわれる中、家康は75歳まで生きたという記録が残っています。それは・・・

①鷹狩りや水泳、乗馬などのスポーツに取り組んでいた ②食生活に気をつけていた ③いつも身体を清潔にしていたからだそうです。

 

この話を聞いて、私は健康を保つことはとてもシンプルなことなのだなと実感しました。

何かにチャレンジしたいとき、将来こんなことをしてみたいと希望を抱くとき、それを達成するためにまず必要なことは、健康な“ココロ”と“カラダ”ということなのでしょう。

 

 『少しの工夫が大きな未来を育む』ことを教えてもらったそんな気がします。

 

                                                           養護教諭・Fより

5月8日(土) 体育館がコンピューターロボットで埋め尽くされました。
IMG_1248 

 1年生と2年生の、第1回サイエンスデーです。ロボットプログラミングに挑戦です。
 講師の先生は、京都大学の北原先生です。
IMG_1250 
 実際に自分がプログラミングしたロボットが動いた時の感動は忘れることができません。
IMG_1219 
 思った通りにロボットが動かないときは、プログラミングを書き換えます。「失敗から学ぶ」事を覚えました。
 自分のロボットが、火星の探検に出かけます。
IMG_1169

皆さんこんにちは。5月になり、暖かいというよりは、暑い日が続いていますね。

校庭の芝生は青々と緑が目にまぶしく、花々も咲きほこり、とっても清々しい季節で、私は大好きです。

 

学校の正門から噴水へと続く『エンジェル通り』は、現在ツヅジが満開です!

毎年このツヅジを用いて、1年生の理科Ⅱの実習を行っています。今回はこの実習について、お話したいと思います。

ツヅジは『植物界 被子植物門 双子葉植物綱 ツツジ目 ツツジ科 ツツジ属 ツツジ』に分類されます。また花弁が1枚につながっているので合弁花類に属します。ちなみに、4月上旬に満開になったサクラは花弁が分かれているので、離弁花類に分類されています。

 

実習では、分解する前にまずルーペでよ〜く観察し、気づいたことを結果に記入していきます。その後、外側から分解し、実験プリントに貼り付けていきます(写真①)。おしべ・めしべをなくさないように、みんなと〜っても必死に作業しています。

写真① 

このような実習から身近にある植物について学び、観察する力やスケッチ、レポート作成力をつけていきます。実は、ツツジの前に“オオアラセイトウ”(川沿いや線路沿いに生えている紫色の花です。ムラサキハナナとも呼ばれています。)という植物を同じように観察・分解する実習を行なっていました。そのため今回は以前のものと比較することや違いを見つけていくことも考察できました。このような実習を通して、「今度はバラやヒマワリでもやってみたいです」 「難しい花も分解してみたいです。楽しかった〜」など、今まで花に興味のなかった生徒も興味を持つことができたようで、植物を心から愛する私にとっては、とっても嬉しい限りです。これからも身近な植物に目を向ける観察力と観察から探求心につながる授業を行っていきたいと思っています。(写真②生徒レポート紹介)

写真②

 

 

生き物大好き理科O