2012年9月アーカイブ

こんにちは、ドラすけです。
ドラすけは野球が大好きです。今年の夏も高校野球が終わって、プロ野球のシーズンも佳境に入ってきました。来年はWBCが楽しみです。
さて、そんなドラすけはかつて草野球をやっていました。
もちろん趣味で集まった仲間なので、なかなか強くなるということはありませんでした。
そんな中、何チームか集まってリーグを結成して優勝を決めようということになりました。

リーグを作らず、たくさんのチームと対戦する方が強くなると思う方もいるかも知れません。
ところがこれが間違いであることに私のチームもやがて気づいていきます。
実は同じチームと何回も対戦しても強くなることができるのです。

リーグ戦を続けていて、やはり何度やっても勝てないチームがありました。でも毎年試合をやるものですから対策を立てないわけにはいきません。
もちろん練習もそうですが、その相手に勝つためだけにチームが工夫するようになってきました。

そしてある試合のこと。

草野球は通常7イニングまで試合をします。
この試合では今までの経験と練習の成果が出て、7回まで0対0で延長戦に入りました。
お互い0点で試合が進むというのは、やっている選手にとってはいやがおうにも緊張が続きます。
この辺りからすでに変化が起き始めていました。

結果はみんなの協力で9回裏にスクイズで勝ちました。
しかし大切なことは勝ったことではなく、この試合をきっかけにチームが急速的に進化していたことです。

その後、大会などで今まで戦ったことのないチームとも試合をしてみると昔と比べて明らかにチームが強くなっていました。
もちろんその他のチームにも同じような現象が起きていたのです。

つまり、少ないチーム同士の中でもお互いに緊張感の中で切磋琢磨しているとしっかりその経験と試行錯誤がより生きていくことがわかるのです。あとは応用するだけです。

これは他のスポーツも勉強もきっと同じはずです。
ただ目的のない練習を積み重ねるより、実戦がより力をつける良い機会になります。
ぜひみなさんもライバルを作ってみませんか。

※写真は当時の筆者とチームが所属していたリーグ戦の様子

Img001

Dscf0046