入学式 学校長 式辞

2015年4月5日(土)
 小野学園女子中学校・高等学校 入学式 学校長式辞

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます。今年は桜の開花が早く、校庭の桜は新しい緑の葉桜へと歩みを進めています。グランドの芝生も、春の訪れとともに、一段と緑鮮やかになって参りました。今日、この良き日に、今年も、元気な新入生を迎えることができましたことは、学園にとりまして、この上のない喜びであります。また、ご多忙の中、ご臨席をいただきましたご来賓、並びに保護者の皆さまには、学園を代表して、心より、御礼と、お祝いを申しあげます。

 小野学園は昭和7年、1932年に創立され、それ以来建学の精神である「清く」「正しく」「美しく」の教育を守り続け、83年目を迎えました。創立者、小野安之助先生は、「小野学園設立趣意書」の中で、このように言っています。「これからの女子教育は、良妻賢母の育成にとどめることなく、女性が社会に出て、自律的に生きていける力にまで、高めなくてはならない。」この言葉は、現在の私たちの社会でも、同じように通用しています。

 本日、新しくスタートをする100名の選ばれた皆さんは、多くの夢や希望をもって入学されたことと思います。皆さんは、その夢を実現させるために、是非、有意義な三年間、あるいは六年間を、自分を見失うことなく、充実した楽しい学校生活を過ごされることを願っています。

 今年度からは特に、進学指導、進路指導のさらなる充実を目標として、授業時数の大幅な増加やカリキュラムの見直しなどを行い、それぞれの個性や、特性に合った教育を用意して、各自の能力を最大限に生かせるように、教職員一同全力で、教育にあたって参ります。

 現在、世の中では、経済成長も以前に比べて上向きと報道され、未来への明るい兆しも見えてきました。しかし、急速に進むグローバル化と並行して、社会環境や政治、経済、教育、国際問題、あるいは、いつ起こるかわからない自然災害など、世界レベルで解決をしなければならない多くの問題が山積みしています。皆さんが実際に社会や家庭で活躍される十年、二十年後の社会情勢は、今よりももっと大きく変化していることと思います。どんな時代になっても、どんな環境においても、「自ら考えて、判断できる力」と、それを「表現できる力」を養い、「生きていく力」を身に付けることが、これから始まる学校生活で築かれていくことを忘れないでください。

 保護者の皆様方、本日は本当におめでとうございます。あらためてお祝い申し上げます。お子様の教育は、どんな時にも、保護者の皆様や、ご家庭のご理解とご協力があって、実を結ぶものです。このことをよくご理解いただき、ご家庭においても、お子様の成長を温かく見守ると共に、学園に対しましても、ご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

 教育には、よい環境、充実した学習目標とその内容、そして熱意ある先生方、どれも欠かすことのできない大切な要素だと思います。しかし一番大切なのは、皆さんが、「自ら考え、自ら学び、自ら行動する」ことです。私たち教職員一同は、皆さんの意欲や熱意に応えられるように、全力を尽くします。

 最後に、これまで皆さんを愛情深く、育ててくださった保護者の皆様に、心からの感謝の気持ちを忘れないでください。本日の入学式にあたり、皆さまのこれからの活躍を期待して、学校長式辞といたします。

平成27年4月5日

小野学園女子中学・高等学校 校長 小野 時英