2015年10月アーカイブ

ドラすけです。
文化祭が終わって、少し余裕ができたと思ったらもう中間考査です。
さて、今回は「自分の役割」について自分の経験をふまえて話してみたいと思います。

ドラすけは大学に入った頃から草野球をやっていました。
それまでに部活などで野球をやっていた経験はなく、周りは経験者ばかりなので、当然一番ヘタです。
ピッチャーはコントロールもスピードもないので、当然できるわけもありません。
そこでまずサードをやってみると、肩が弱くファーストまで届かずこれもダメ。
そこでやっとファーストを守ることになりました。
仕方なくファーストになったような感じです。
それでも長く続けていると、守備も少しずつ上達し、いろいろな技術も身に付きました。

そうするとファーストに落ち着いたように思うかも知れませんが、実は最終的にキャッチャーになりました。
キャッチャーというと、身体が大きく、肩が強い選手というイメージがありませんか?
ドラすけには、もちろんどちらもありません。

初めてキャッチャーをやったのは些細なことからでした。
単にある試合でキャッチャーがいなかったからです。

ところがここで配球のおもしろさを知りました。
盗塁を刺すことはできませでしたが、考え方を変えたのです。
「要はランナーを出さないような配球をすればいいんだ。」
「では打たれないようにするにはどうのような配球をすればいいのか。」
「調子の悪いピッチャーをどうすれば立ち直らせることができるか。」
いろいろ考えて実行したことがおもしろいように当たるのです。
自分が計画した通りに試合が進み、勝ったときは気持ちがいいものでした。
いつの間にか、ドラすけが他のキャッチャーの時より勝率がいいことに周りも気づき、キャッチャーをやる機会が増え、技術が身に付き正捕手になっていました。

こうなってくると楽しくて仕方ありません。
やがて、他の選手に指導できるようにもなりました。
結局その後10年ほどキャッチャーとして草野球を続けることができました。

どの社会にも様々な仕事があります。
リーダーも大事ですが、それを実行できる部下も大切です。
自分ができる役割は自分で制限しては働くことができなくなります。
自分がどの分野でその社会に貢献できるか、いろいろ可能性を試してみることをおすすめします。

ぜひ自分の役割を考えて見つけてください。

夏休みが明けて、あっという間に秋の気配がやってきました。朝夕の風は冷たくなり、体調を崩す人も多いようです。かく言う私自身も体調を崩し、心配した生徒には優しい言葉を多くかけてもらいました。それが励みになり、最近ようやく治りつつあります。中間テストも近づいていますので、皆さんも風邪には注意をしてもらいたいものです。(今年の風邪はしつこいようですので)

さて、先日は志ら梅祭も開催されました。私のクラスは初めての学園祭ということもあり、1つ1つ戸惑いながらの準備だったように思います。私自身は過去の事例は示しつつ、なるべく自分たちで考えて自由に企画してもらいたいと思って見守っていました。時折、仲介に入ることはありましたが、概ね順調に当日を迎えられたのではないかと思います。最後のHRでも話しましたが、今回の経験、失敗を忘れずに、来年度はより自分たちらしい学園祭を築いていってもらいたいと思います。

写真1.JPG

今回の志ら梅祭はクラスだけではなく、昨年に引き続きチャイルドスポンサー、今年初めて演劇部としても携わっていきました。チャイルドスポンサーでは多くの方にご協力いただき、募金も含め53,000円を超える売り上げがありました。こちらは責任をもってWorldVisionを通し、発展途上国の子供たちのために寄付させていただきます。子供たちのために自分たちで手作り品を持ち寄って販売し、支援している実感持たせる。この活動は続けていきたいと思いますので、今後もご協力をお願いいたします。

写真2.JPG

演劇部では「オオカミと七匹の子ヤギ」のパロディを上演しました。部員数が少ない中、また5人中六年生が2人という中でよく頑張ってくれたと思います。当日はハプニングもありましたが、お互いフォローし合う姿が見られました。これで六年生は引退となります。今まで本当にお疲れ様でした。来年度に演劇部が続くことを願っています。

写真3.JPG