今年度、高校一年生(Mコース)の「科学と人間生活」の授業で行った実験をダイジェストで紹介します。

・ユリア樹脂の合成

プラスチックであるユリア樹脂を合成し、高分子について学びました。尿素にホルムアルデヒドと塩酸を加えると完成です。

1.jpg 2.jpg

・デンプンの消化

私たち人間の生活に欠かせないデンプンを酵素を使って分解し、2分おきに様子を観察しました。試験管には、デンプン、消化酵素とともにフェーリング液を入れることで、酸化銅を生成させ、分解産物の生成量がわかります。

3.jpg 4.png

・エステルの検出

ストロベリー・レモン・バナナ・オレンジ・メロンの香料のなかでエステルを検出する実験を行いました。

柑橘系(レモン・オレンジ)のにおいにはエステルが入っていないことが実験からわかります。

5.jpg 7.png

その他にも可視光線の観察、ブラウン運動の観察や、黄銅の作製、金属の酸化還元反応、染料の合成、タンパク質の検出、油脂の酸化反応、セッケンの合成、紫外線の実験などをやりました。

理科K