進路講演会から「社会に必要なこと」って?

 先日、高校2年生を対象にリクルートの方による進路講演会がありました。社会で働くうえで必要な力を自身の経験を踏まえて話してもらいました。私も担任として生徒と一緒に話を聞きました。雇う企業側にとって重視しているものが3つあるそうです。

 1つは「コミュニケーションスキル」です。断トツで重要視していることがデータにもあるそうで、その中にも自分の意見をまとめ、「伝える力」も大切ですが、それ以上に「聴く力」が求められているそうです。2つめは表情や態度から気持ちや思いを察し、自分にできることやるべきことを積極的に行動する「主体性」、3つめは相手と自分の役割を認識し、チームで目標達成まで力を発揮する「協調性」が求められています。必要なスキルとしてよく耳にする言葉ですが、具体的にどのようなことをするべきか明らかになったことは生徒たちにとってもよかったのではないでしょうか。私も教壇にたって仕事をしながら、改めてその重要性を認識させられました。

 高校卒業後は大学に進んだり、企業で働いたりする人が多いでしょう。そこで力を発揮するためには先ほど触れた3つのスキルが必要になってきます。逆に考えると3つのスキルがある程度身についていないと、力を発揮できずに苦労することになります。ぜひ今のうちから意識して経験を積むようにするといいですね。

社会科E