2017年1月アーカイブ

みなさん、こんにちは。お元気でしたか?美人教師Yで~す。

a.jpg

東京の街は、クリスマスが終わると、あっという間にお正月へ模様替えですね・・・。みなさんはどのようなクリスマスを送りましたか?きっと思い出深い時間を過ごしたことと思います。11月下旬、街並みもクリスマスっぽくなり、あ~もうこんな時期なんだなあ~早いな~と思いながら自宅に帰ったら、イギリスから懐かしい方から手書きのクリスマスカードが届いていました。

彼女は40年ほど前、ロンドンに住んでいたころ隣に住んでいた3歳年上のお姉さんで良く一緒に遊んでもらった方です・・・。何となく彼女とは年に一回クリスマスカードのやり取りをし続け、気づいたら30年以上の月日が経っていました。しかし、ここ数年はメールアドレスを交換し、クリスマスになるとメールが来て私も簡単なメールを返す程度というのを繰り返していました。そんな中、ポストに入っていた、彼女の懐かしい筆記体の文字をみて、なんだが温かい気持ちになりました・・・。

そう言えば彼女のお家には、おじいちゃんや親せきや友達など大切なたくさんの方々からいただいたクリスマスカードが出窓に飾られていたなあ~とふと思い出します。どれも手書きの雰囲気のあるカードばかりでした。イギリス人にとってのクリスマスカードは日本人にとっての年賀状みたいなもので、とっても重要なものです。コンピューターが発達した今でも、絶対に手書きです。こういうイギリス人の伝統を大切にするところは、凄いなあと思います。

我が家の年賀状は、便利さに負けて、印刷ですが、手書きのカードって、やっぱりもらうと嬉しいですよね・・・。贈る人の顔を思い浮かべながら、一枚一枚メッセージを書く。イギリス人のそういう心のゆとりを大切にしないと!と思う今日この頃です。

皆さんも来年はぜひ手書きのクリスマスカードを書いてみてはいかがでしょうか。きっと書く側もいただいた側もなんだか懐かしく温かい気持ちになれますね・・・。

美人教師Y