2017年5月アーカイブ

 5月25日(木)東京私立立中学高等学校協会の定期総会が行なわれ、その前半に永年勤続者として表彰されました。永年勤続者とは専任教諭・職員として25年間務めた者のことで、本校では私を含め2名の該当者がいました。このような表彰をいただくときは決まって25年間を振り返ると・・・となるわけですが、私自身はあと12年しかないと思うと寂しい気持ちになります。私にとって教諭という仕事は天職なのでしょうか。決して楽な仕事ではなく、学校や教諭に求められることも多くなってきました。しかし、私は生徒達の成長に携われるこの仕事に最大の魅力を感じています。また生徒や保護者から感謝されることもあります。そういったときはとても幸せを感じ、活力がわいてきます。まだまだできることはたくさんあると思います。今後も一教諭として倫理観と使命感を持って職務の遂行に励みたいと思います。

体育科 F