東京の治水

社会科のOです。

いつもは小野学園の近くの城南地区や神奈川北部の史跡をご紹介していますが、今回は東京の北の玄関口にあたる赤羽です。

赤羽駅は交通の便が良く、同駅を利用して登校する生徒も少なくありません。

今回ご紹介するのは北区岩淵町にある旧岩淵水門(通称"赤水門")です。

H29A.JPG

明治時代に荒川が増水し、下流の隅田川に甚大な洪水被害が出たのを契機に、都心を隅田川の洪水から守るため、上流の荒川の水を江東地区に流すための「荒川放水路」の建設が始まりました。この工事は大正時代に完成し、水門から下流が隅田川、下の写真の赤水門の左手に広がる広大な河川が「荒川放水路」(いわゆる荒川)となりました。

H29C.JPG

上流の荒川が増水した場合、水門を閉めて隅田川へ流れる水量を調節し、左の放水路から東京湾へと流します。

現在、赤水門はその役割を終えており、遺跡となっています。次の写真の右奥の岩淵水門(通称"青水門")がその役目を継承しています。

H29B.JPG

都心の上流ということで、日本で最も厳重に管理されている水門と言えるでしょう。

私たちの暮らしはこのような土木施設によって守られています。

H29D.JPG

最後に、朝焼けの赤水門です。

役目を終えた遺跡ですが、現役の青水門より人気があるようです。