『ニワトリの発生の観察~卵の中をのぞいてみよう~』

授業も残りわずかの高校3年生の選択生物での実習です。

ピンセットで慎重に殻を割り、

20171116_01

胚の部分だけを切り出して、

20171102_02

シャーレに移して、

DSCN4808.JPG

実体顕微鏡で観察しました。

DSCN4810.JPG

孵卵開始2日目の胚です。

脳や眼、心臓、背骨のもととなるものが形成されていることが観察できました。

高校3年生の実験への取り組みは真剣そのもの。

この慎重さと器用さ、粘り強さは、大学受験や進学後の学習においてもきっと役に立つはずです。

頑張れ、受験生!!