年賀状

 みなさん、こんにちは。お元気でしたか?美人教師Yで~す。

 もうじき師走ですね。2017年の1年間を振り返る季節となりました。みなさんにとってどのような1年でしたか?この時期になると、街頭でも年賀状のハガキが売られているのを見かけますね。ちょうど先月、先生のクラスの卒業生が、久しぶりに学校に来ました。彼女は現在郵便局に勤めております。その彼女が「新年のご挨拶にぜひ当郵便局で年賀状の購入をお願いします。」と。すっかり社会人ぽくなった彼女が丁寧に言いました。その姿に先生はとてもうれしく思い、感動しました。「よし、今年は彼女のためにもたくさん購入しよう!!」と少し多めに注文をしました。昨年はちょうど喪中だったため、毎年来る年賀状を楽しみにしていた私は何だが寂しい気持ちになったのを思い出します。実は先生は年賀状を出すのが大好きです。小学校時代から現在まで関わった友達や先生など人生で関わったたくさんの方たちへ毎年年賀状を送ります。

 ちょっと考えてみてください・・・。今までの皆さんの人生の中で、たくさんの出会いがあったと思いますが、その中で、今も頻繁に顔を合わせられる人はごくごく一部のはずですよね・・・。そういった久しぶりの方に、いきなり電話をしたら「何!?」とびっくりされるかもしれませんが、年賀状ならむしろ「覚えていてくれたんだな~」と喜ばれるものだと思います。それって、不思議で、とても素敵なことだと思いませんか?引っ越しした時に整理をしていたら、懐かしい方の年賀状を見つけたことがありました。何年も音沙汰のなかった相手に思い切って年賀状を出していたら、返事が来ました。「年賀状を送ってくれて本当にありがとう。嬉しかったです。」と書いてありました。先生もお返事が来てうれしかったです。その彼女とは今でも年に1回年賀状のやり取りをしています。

 いかがでしょうか。できれば一年に一度、大切な人や昔お世話になった方々への「元気です!」を送ってみてはいかがでしょうか?年賀状という文化がどんどん薄まっているからこそ、きっと暖かい気持ちを届けられますはずです!年に一度の「お元気ですか?」は、誰が誰に送ってもいい、魔法の手紙だと思いませんか?今年も新年にポストから懐かしい魔法の手紙をいただくのを楽しみにしております・・・。 美人教師Y

年賀状.bmp