2018年1月アーカイブ

今、我が5Aの教室を様々な鉢植えが彩っている。

20鉢はあろうか。葉や茎の濃淡、形態が一つ一つ違う鉢植えは、明るい日差しを浴び、生徒たちのさざめきと笑顔とマッチングし、私は毎朝のHRに行くたび「イイキモチ」なのである。

 実はこの鉢植え、ガーデニングクラブの依頼で、5Aに置くことになった。ガーデニングクラブは、毎年「世界らん展」に協会から委託された苗を育て出品している。毎年の実績が評価されたためか(?)、今年は類のない種類の多さである。実はこの鉢には、それぞれ名札がつけられおり、その中の一つに"キューティーガールヨシコ"とある。有り難いことなのか、生徒が面白がって騒ぐ。私の名前は芳子と書き、"ヨシコ"。くれぐれも、枯らさないよう見守ってくれと頼んだ次第である。オレンジ色の花が咲くそうな...。

 さて、それぞれの苗には根本にモンキーバナナのような形態の、もっと小さなものがいくつか付いている。でこぼこと不揃いであまり美しくないのだが、この固い皮(?)に守られたものの中身は濃厚な養分で、これが茎や葉に送られ、やがて美しい花を咲かせるものと察する。そうした目でみると、このスモールモンキーバナナ、可愛いものである。この中には、個性という養分が詰まっているのだろう。

皆さんのスモールモンキーバナナにも、いろんな"もと"がミックスして詰まっている。

優しさ、人を引きつける強烈な魅力、音楽を奏でる、幾何学好きのもと、人と人を繋ぐ愛、姉御肌のリーダーシップ、強い筋肉のもと、地道に歩む努力のもと、人を幸せにするユーモア、ほのぼのとした人柄...頭の中に、昨年惜しくも解散した人気グループの「世界に一つだけの花」が流れる。皆さんは、どんな色の花を咲かせるのだろうか。

 フレーフレー、み・ん・な!! フレーフレー、ヨ・シ・コ(おまけで)!!

 "キューティーガールヨシコ"も、頑張ってきれいな花を咲かせましょう。

西山芳子(国語科)

 6年生はこの時期進路決定者を対象に週3日授業をしています。115日(月)は2名の卒業生が来て授業をしてくれました。1時間目は卒業生の上田さんがエアロビクスの授業をしてくれました。上田さんは本校を卒業後体育大学に進学し現在も現役でエアロビクスの選手として活動しながら2校の大学で体育の講師をしています。今年の3月にポルトガルで行われるワールドカップや6月の世界選手権には日本代表として大会に出場します。4年前に本佼で教育実習をしてから、毎年この時期に後輩のためにエアロビクスの授業をしてくれ、音楽に合わせて体を動かす楽しさを教えてくれています。2時間目は三村さんという卒業生で、エアロビクスの上田さんと同級生ですが、彼女も現在自分でヨガのインストラクターをしていて各教室で教えています。三村さんも毎年授業に来てくれ、ヨガの楽しさを後輩たちに教えてくれています。卒業生が授業をすることで、生徒も親近感がわくと同時にこれから卒業を控えている生徒には、先輩からのアドバイスやなぜ今の職業に就いたか今の自分の将来の目標などの話を聞くと自分の将来に役立つと思います。

先.JPG後.JPG