キューティーガール

今、我が5Aの教室を様々な鉢植えが彩っている。

20鉢はあろうか。葉や茎の濃淡、形態が一つ一つ違う鉢植えは、明るい日差しを浴び、生徒たちのさざめきと笑顔とマッチングし、私は毎朝のHRに行くたび「イイキモチ」なのである。

 実はこの鉢植え、ガーデニングクラブの依頼で、5Aに置くことになった。ガーデニングクラブは、毎年「世界らん展」に協会から委託された苗を育て出品している。毎年の実績が評価されたためか(?)、今年は類のない種類の多さである。実はこの鉢には、それぞれ名札がつけられおり、その中の一つに"キューティーガールヨシコ"とある。有り難いことなのか、生徒が面白がって騒ぐ。私の名前は芳子と書き、"ヨシコ"。くれぐれも、枯らさないよう見守ってくれと頼んだ次第である。オレンジ色の花が咲くそうな...。

 さて、それぞれの苗には根本にモンキーバナナのような形態の、もっと小さなものがいくつか付いている。でこぼこと不揃いであまり美しくないのだが、この固い皮(?)に守られたものの中身は濃厚な養分で、これが茎や葉に送られ、やがて美しい花を咲かせるものと察する。そうした目でみると、このスモールモンキーバナナ、可愛いものである。この中には、個性という養分が詰まっているのだろう。

皆さんのスモールモンキーバナナにも、いろんな"もと"がミックスして詰まっている。

優しさ、人を引きつける強烈な魅力、音楽を奏でる、幾何学好きのもと、人と人を繋ぐ愛、姉御肌のリーダーシップ、強い筋肉のもと、地道に歩む努力のもと、人を幸せにするユーモア、ほのぼのとした人柄...頭の中に、昨年惜しくも解散した人気グループの「世界に一つだけの花」が流れる。皆さんは、どんな色の花を咲かせるのだろうか。

 フレーフレー、み・ん・な!! フレーフレー、ヨ・シ・コ(おまけで)!!

 "キューティーガールヨシコ"も、頑張ってきれいな花を咲かせましょう。

西山芳子(国語科)