「失敗は成功の母」 だけじゃない。

「どっちにいったらいいんだ」「ホテルのチェックインの時間は12時までだ。はやくいかなくちゃ......」

迷子になったのだ。

大人なので迷子はおかしいと思うが、とにかく今日泊まるホテルにたどり着けない。時間はもう夜の11時を過ぎている。タクシーを捕まえたいが、タクシーは手を挙げても止まらない。予約のタクシーだったり、高額のぼったくりタクシーだったりするのだ。おまけにここは上海、治安は良くなってきたといっても外国である。海外に行く時にはいつも、安全のために夕食までには行動を終えてホテルにはいるようにしているのだが、今回は飛行機の時間の都合で夜8時に飛行場に着くプランになってしまった。飛行場からは1時間程度なので、何とか10時までにはホテルに着く予定だったが......。うまくいかなかった。

通りがかりの二人連れに道を聞こうと思って、かねて用意のホテルの名前を書いたカードを見せる。中国は漢字文化の国なので話すより書いた方が、通じるのだ。ただ中国語会話はできないので、英語で「エクスキューズミー」と声をかけた。英語ができるわけではないが、日本語よりはましかなという判断だった。すると若い二人の口から出たのは私よりずっと流ちょうな英語。びっくりした。そしてすぐにスマホをだして検索してくれて道を教えてくれた。

その二人と分かれてから10分ぐらい指示されたように歩いたのだが、目印として教わった場所になかなか着かないので、再び若い二人連れに(先ほどとは別の)道を聞いた。今度は先ほどとは違い最初から英語できいてみた。すると先ほどと同じように流ちょうな英語で答えてくれた。確信した。中国の若い人は英語ができるのだ。

中国おそるべし。

二組目の中国人はとても親切で、タクシーを止めてくれ、行き先を伝え、正規の値段で行ってくれるよう値段交渉までしてくれた。タクシーはそれから20分後目的のホテル「海鴎ホテル」に無事到着した。チェックインの最終時間10分前だった。中国の人の親切が身にしみた。政治の世界では軋轢があることもある中国だが、人はとても優しい。若い人の英語力とともに中国を大いに見直した上海旅行であった。

閑話休題。海外旅行に出ると結構失敗する。「道に迷う」「ぼったくりにあう」などだ。その時は大変だし、二度と失敗したくないと思うのだが、こうして思い出してみると失敗したことは楽しい話題となって人に伝え、おもしろがってもらえるので、失敗することもわるくないなと思う。

「失敗は成功の母」ということわざがある。失敗を糧にして成功するということだが、失敗の効用はそれだけではない。私の旅の失敗のように笑い話になるということもある。だから、失敗を恐れてチャレンジせずにいるより、失敗を恐れずチャレンジすればいいのかなと思う。いい笑い話の種ができたと思って......。