今年一年の振り返り

 先日、クラスのLHRが今年度最後となったため、今年一年の振り返りを作文として書いてもらいました。生徒の作文を読んでいると、たった一年でも成長したなと思える作文もあり、とても嬉しい気持ちになりました。

 自分の短所をしっかりと認識して変えなければいけないなと感じている人、今まで勉強に一生懸命になることができなかったけれど、もう言い訳などしないできちんと向き合おうと宣言してくれた人、高校生活を楽しく送れているのは周りの友達や家族、そして先生達のおかげだと書いてくれた人。他にも、頑張れ!と応援したくなる作文を書いてくれた人が沢山いました。

 この一年、担任の私にとっては自分の力が試されているなと思う一年でした。高校1年生は色々な地域の中学から集まるので、色々なトラブルが起こり、事あるごとに朝終礼やLHRなどで担任の私からクラスの生徒へ色々なメッセージを届けてきました。みんなには幸せになってもらいたい、それが故に応援されるような人になってもらいたい、こんな思いからあらゆる角度から皆の心に届け!と思いながら、夜な夜な色んなことを考えて話をしてきました。いつもまっすぐ私の方を見て真剣に話を聴いてくれる人がいて、本当に嬉しかったです。もちろん全員には伝わっているとは甚だ思っていませんが、教科担当の先生や他の先生方からクラスのことを褒めて頂く機会が増えたり、クラス全体の雰囲気が前よりも良くなってきたりと、少しずつクラスの生徒に私の気持ちが伝わってきたのかなと最近になって感じられるようになりました。

 本校では、例年、高校1年生から2年生のタイミングでクラス替えを行なっているので、今の高校1年生も来年のことが気になり、口にすることが多くなってきました。クラスの編成はどうなるのか、担任は誰になるのか、心配してもどうにもならないことですが、やはり心配で色々な話をしているようです。もしクラス替えがあったとするならば、なんとなくまとまりかけてきたが故に、私自身寂しい気持ちもありますが、また新たな環境で新たな人間関係を作り上げ、色々なことを学んでもらえればなと思います。それぞれのクラスで学んだ良い行いは、次のクラスでも続け、悪い行いは次のクラスへは持ち込まない。

「郷に入っては郷に従え」という諺がありますが、新しい環境でも前向きで楽しい学校生活を送ってもらえればと思います。あくまで、クラス替えがあったとするならばの仮定の話ですが・・・。こんなことを考えていると、来年が楽しみになってきました。

理科M