創作料理コンテスト

11月12日(月)午後に高校2年生の創作料理コンテストの審査員をしました。創作料理コンテストは「調理技術の向上」と「創造力」を育てることを目的としています。日頃から、美味しく・安く・早く・健康的というテーマを考え、家庭での調理にも積極的に参加し、より斬新な食事を提案してもらいます。今回の内容は「豆腐をつかったスタミナ料理」でした。各班とも趣向を枯らした料理をつくっていました。中でもキムチ豆腐ピザは彩りもよく斬新なアイディアでした。少し味が心配でしたが...。また、和風ロコモコ丼定食ではハンバーグに長芋が混ざっており、ご飯にも工夫がされておりとてもおいしくいただきました。その他の班もレシピ本に掲載されてもよいような内容のものばかりでした。このような家庭科の授業をきっかけに創造力や調理技術を身につけてくれればと思いました。